考古資料

公開開始日:2016年02月18日

 

考古資料
考古資料

詳しく知りたい文化財を選んでください。(50音順に表示しています)

文化財名分類指定主体内容
岡山県大飛島祭祀遺跡出土品 考古資料 大飛島は岡山県西部の笠岡諸島の沖合の小島で、砂州の付け根にある海浜の岩場に奈良時代を中心とする祭祀場がある。航海の安全を祈った場所で、高級品であった奈良三彩の小壺などが出土し、律令国家による遣唐使に関わる祭祀場という考えが有力。
片岡家銅鐸 考古資料 弥生時代中期に作られたとみられる。外縁付紐式四区袈裟襷文が主文で、綾杉文・斜格子文が付加されて古式の銅鐸の特徴を示す。出土地・伝来経歴は不明。
袈裟襷文銅鐸 考古資料 弥生時代中期。昭和25年に操山山塊の鳥坂から出土。高さ42.5センチメートル、下部の長径22.8センチメートル、短径13.9センチメートルを計る中型の扁平紐式六区袈裟襷文。
袈裟襷文銅鐸 考古資料 弥生時代中期。明治時代に裏山から出土したと伝えられる。高さ31.5センチメートル、下部の長径16.0センチメートル、短径10.5センチメートルを計る小型の扁平紐式四区袈裟襷文。
石枕 考古資料 古墳時代前期の大型前方後円墳の備前市天神山古墳から出土した。縦30.9センチメートル。横52.0センチメートル。砂質凝灰岩製の精巧な作で、上面に朱が付着する。
特殊器台 考古資料 総社市宮山遺跡(墳墓群)から出土。弥生時代後期に吉備地方で一般の器台から発達した祭祀用の器台。円筒埴輪の素形となった。
突線流水紋銅鐸 附貨泉25枚、棒状銅製品1個 考古資料 岡山市北区の高塚遺跡(集落遺跡)から発掘調査で出土した銅鐸の優品である。同じ遺跡から中国の新の時代(前漢と後漢の間)に作られた銅貨が出土している。
 

ページトップ