岡山県大飛島祭祀遺跡出土品

公開開始日:2016年02月22日

文化財名称 岡山県大飛島祭祀遺跡出土品
名称ふりがな おかやまけんおおひしまさいしいせきしゅつどひん
指定主体
分類 考古資料
所在地 岡山市北区後楽園
指定(選定)年月日 平成15年 5月29日
所有(管理・保持)者 岡山県立博物館
内容 大飛島は岡山県西部の笠岡諸島の沖合の小島で、砂州の付け根にある海浜の岩場に奈良時代を中心とする祭祀場がある。航海の安全を祈った場所で、高級品であった奈良三彩の小壺などが出土し、律令国家による遣唐使に関わる祭祀場という考えが有力。
 

ページトップ