黥面文身土偶

公開開始日:2021年03月10日

文化財名称 黥面文身土偶
名称ふりがな げいめんぶんしんどぐう
指定主体
分類 考古資料
所在地 岡山市中区網浜
(岡山市埋蔵文化財センター)
指定(選定)年月日 令和2年2月25日
所有(管理・保持)者 岡山市埋蔵文化財センター
内容 岡山市北区津寺に所在する津寺(加茂小)遺跡において、昭和63年に行われた校舎建て替え工事に伴う発掘調査で、弥生時代後期の溝から出土した。高さ3.5cm。頸部以下は欠損している。両目の上下に弧状線数本描き口の脇や顎・頸にも数本の線刻がみられる。これは、『魏志倭人伝』に記載された、倭人の習俗である黥面文身(入れ墨)を表現したものとみられる。県下で弥生時代の土偶は15点出土しているが、入れ墨を表現したものは他にない。当時の入れ墨の表現を立体的に理解することができる貴重な考古資料である。
 

ページトップ