帝釈天曼荼羅

公開開始日:2021年03月10日

文化財名称 帝釈天曼荼羅
名称ふりがな たいしゃくてんまんだら
指定主体
分類 絵画
所在地 岡山市北区後楽園
(岡山県立博物館)
指定(選定)年月日 令和2年12月22日
所有(管理・保持)者 西大寺
内容 帝釈天曼荼羅は 西大寺に伝来する絵画である。西大寺は天平勝宝三年(751)開創と伝え、会陽の習俗を伝える真言宗寺院である。本図は画面構成や色調、諸尊の表現から李朝仏画とみなされる。縦122.8cm、横123.4cm、絹本または麻布である。製作年代は16世紀後半と考えられる。描線は非常に鋭く抑揚に富み、彩色はほとんど補色もなく、当初のものとみられ保存状態がきわめて良い。
 

ページトップ