朝鮮通信使関係資料9幅

公開開始日:2017年03月15日


瀬戸内市教育委員会提供

文化財名称 朝鮮通信使関係資料9幅
名称ふりがな ちょうせんつうしんしかんけいしりょう
指定主体
分類 歴史資料
所在地 岡山市北区後楽園(岡山県立博物館)
指定(選定)年月日 平成28年 2月 5日
所有(管理・保持)者 宗教法人本蓮寺
内容 江戸時代の地域における日朝文化交流を示す貴重な資料。
本資料9幅は、第5回、第6回、第8回の通信使として来日した高官の手による漢詩の墨跡で、牛窓や本蓮寺の情景などが詠み込まれている。漢詩に使われた技法などから、本蓮寺、通信使双方に交流を継続的なものにしようとする意識を看取でき、江戸時代の地域における日朝の文化交流を示す資料として貴重である。(岡山県文化財課ホームページより)
 

ページトップ