絵馬「高瀬舟図」

公開開始日:2016年02月22日

文化財名称 絵馬「高瀬舟図」
名称ふりがな えまたかせぶねず
指定主体
分類 有形民俗文化材
所在地 岡山市北区御津高津
指定(選定)年月日 平成19年8月27日
所有(管理・保持)者 素盞鳴神社
内容 画面中央に炭俵とみられる荷を積み、帆をあげて川を下る一艚の高瀬舟と船頭3人のほか、俵の上には対座する狐を描いている。多数の高瀬舟が就航していた旭川・吉井川・高梁川流域でも高瀬舟を描いた絵馬は珍しく、高瀬舟輸送を担っていた当時の人々の信仰を知るうえでも貴重な資料である。
 

ページトップ