天神社三方 附折敷

公開開始日:2016年02月22日

文化財名称 天神社三方 附折敷
名称ふりがな てんじんじゃさんぽう つけたりおしき
指定主体
分類 有形民俗文化財
所在地 岡山市南区彦崎
指定(選定)年月日 平成19年8月27日
所有(管理・保持)者 天神社
内容 12台の三方のうち、8台には方筒部に寛永19(1642)年、3台には明和6(1769)年の墨書(1台は寄進者名のみ)がある。製作年代が明らかであり、その後の大きな補修の痕跡がないまま現在まで伝来したことは極めて珍しく、祭具の変遷を知る上でも貴重な民俗文化財となるものである。
 

ページトップ