旧犬養家住宅(主屋・土蔵) 附家相図

公開開始日:2016年02月22日

文化財名称 旧犬養家住宅(主屋・土蔵) 附家相図
名称ふりがな きゅういぬかいけじゅうたく つけたりかそうず
指定主体
分類 建造物
所在地 岡山市北区川入
指定(選定)年月日 昭和53年 1月21日
所有(管理・保持)者 岡山県
内容 当地の庄屋の犬養家が大庄屋を務めた正徳年間(18世紀前葉)の居宅と推定される。主屋は平屋の本瓦葺き切妻造りで9×5間。隣接して明治から昭和初期の政治家の犬養毅(木堂)の展示施設がある。
 

ページトップ