石造大燈籠

公開開始日:2016年02月22日

文化財名称 石造大燈籠
名称ふりがな せきぞうおおとうろう
指定主体
分類 歴史資料
所在地 岡山市北区一宮
指定(選定)年月日 平成16年2月24日
所有(管理・保持)者 吉備津彦神社
内容 花崗岩製の大燈籠で安政4年(1857)作られた。津高郡一宮村の久介ら6人が発起人・世話人となり、金1両以上寄進した人について、台石に「国所御姓名」を彫ることを約束して広く寄進を募り、同6年に造立した。台石に陰刻された寄進者は、備前・備中の岡山藩領諸村、及び岡山城下を中心に25カ国、1494名を数える。吉備津彦神社に対する人々の信仰のみならず、岡山の石工の技術を知るうえでも、貴重な資料である。
 

ページトップ