大般若経

公開開始日:2016年02月22日

文化財名称 大般若経
名称ふりがな だいはんにゃきょう
指定主体
分類 書跡典籍
所在地 岡山市南区奥迫川
指定(選定)年月日 平成19年8月27日
所有(管理・保持)者 熊野神社
内容 鎌倉時代の写本が中心となすが、時代幅を示す複数の筆跡が認められ、書体・紙質などから平安時代後期に遡ると推定されるものもある。写本のほかに版本若干を含んでおり、断簡で巻名の不明なものを含めると、100帖をこえると推定される。当時の地方における経典のあり方を示す貴重な史料である。
 

ページトップ