絹本着色普賢十羅刹女図

公開開始日:2016年02月22日

文化財名称 絹本着色普賢十羅刹女図
名称ふりがな けんぽんちゃくしょくふげんじゅうらせつにょず
指定主体
分類 絵画
所在地 岡山市北区後楽園
指定(選定)年月日 平成27年9月29日
所有(管理・保持)者 西大寺観音院
内容 法華経信仰に基づく仏教絵画で、画面中央に白象に騎乗する普賢菩薩を描き、向かって左方を向く白象の鼻先には二人の持幡童子を、白象後方には唐装の十羅刹女を精緻に描いている。制作年代が南北朝期に下るとはいえ、平安仏画の雰囲気を色濃く残す優品で、当該期の仏画制作の動向を示す。
 

ページトップ