田原井堰跡附田原用水路一部、百間の石樋、切抜き

公開開始日:2016年02月22日

文化財名称 田原井堰跡附田原用水路一部、百間の石樋、切抜き
名称ふりがな たわらいぜきあとつけたりたわらようすいろいちぶ ひゃっけんのせきひ きりぬき
指定主体
分類 史跡
所在地 岡山市東区瀬戸町森末
指定(選定)年月日 平成5年4月23日
内容 田原用水は吉井川の水を新田原堰から取り入れて下流の農地に送るために造られた。近年の河川改修で大きく変貌したが、水路施設を移築展示した場所がある。
昔の多くの人々の努力の末に、田原井堰、田原用水ができたことによって、日照りの年でも水不足で水稲が実らないという心配がなくなり、農地が増大し、水稲の収量がとても増え、農家のくらしが豊かになった。
田原用水は、田原用水管理組合が大切に管理している。
 

ページトップ