木造阿弥陀如来坐像

公開開始日:2016年02月22日

文化財名称 木造阿弥陀如来坐像
名称ふりがな もくぞうあみだにょらいざぞう
指定主体
分類 彫刻
所在地 岡山市北区後楽園
指定(選定)年月日 平成14年3月12日
所有(管理・保持)者 岡山県立博物館
内容 昭和45年の調査により胎内銘が見つかり、嘉歴4年(1329)に仏師集賢によって造立されたことが判明。鎌倉時代にさかのぼる銘を有する貴重な作例である。宝冠を頂く阿弥陀如来坐像は天台系の常行堂(阿弥陀堂)に安置される特殊な姿の仏像で、その伝来品は珍しい。
 

ページトップ