神宮寺山古墳

公開開始日:2016年02月22日

文化財名称 神宮寺山古墳
名称ふりがな じんぐうじやまこふん
指定主体
分類 史跡
所在地 岡山市北区中井町
指定(選定)年月日 昭和34年 5月13日
所有(管理・保持)者 天計神社・北方村惣持
内容 古墳時代前期の大型前方後円墳で、吉備地方では珍しい全くの沖積地に立地する。全長は150メートル。直径95メートルの後円部頂にある石室から大量の鉄器が出土した。
 

ページトップ