助成団体の募集について

公開開始日:2017年09月22日

現在募集中の文化芸術活動等に対する各種助成制度を掲載します。
内容が変更になる場合があります。詳しくは各問い合わせ先までご連絡ください。

平成30年度芸術文化振興基金助成対象活動の募集
~アマチュア等の文化団体活動~
(独立行政法人日本芸術文化振興会)

アマチュア、青少年等の文化団体が行う文化の振興又は普及を図るための公演、展示その他の活動を支援します。

活動要件

「主催者要件」に該当する者が、「音楽、舞踊、演劇、伝統芸能、美術、その他(生活文化に関する公演・展示を含む。)」の分野で、日本国内において自ら主催(経費の負担を含む。)して行う活動であって、当該主催者の構成員が出演又は出品し、日頃の文化活動の成果を広く公開する活動を対象とします。

主催者要件

文化の振興普及に資することを主たる目的とする我が国のアマチュア等の文化団体で、次のいずれかに該当し、かつ下記の「実績要件」を充たす者とします。
ただし、「【4】複数の団体で構成される実行委員会等」の場合については、【4】ア及びイの要件に該当する者とします。

【1】 一般社団法人、一般財団法人、公益社団法人、公益財団法人

ただし、地方公共団体が基本金その他これに準じる資金等を出資している法人を除く。

【2】特定非営利活動法人(NPO法人)
【3】法人格を有しないが、次の要件をすべて充たしている団体
  • ア)定款に類する規約等を有し、その規約等には、文化の振興普及に資することを主たる目的としている旨の記述と、次のイからエが明文化され、オを確認できること
  • イ)団体の意思を決定し、執行する組織が確立されていること
  • ウ)自ら経理し、監査する等会計組織を有すること
  • エ)団体活動の本拠としての事務所を有すること
  • オ)平成28年11月1日現在、団体設立後、1年以上の活動実績を有すること
    (注)株式会社等の営利を目的とした法人等は、助成の対象とはなりません。
【4】複数の団体で構成される実行委員会等で次の要件を全て充たしている団体
  • ア)応募時点で実行委員会等が設立されていること
  • イ)構成団体の中から財政負担及び運営を中心になって担う中核団体を定め、当該中核団体が上記【1】【2】【3】いずれかに該当すること

実績要件

過去に応募団体が今回応募する活動と同一分野(音楽・舞踊・演劇・伝統芸能・美術・その他の6つの分野)で、自ら主催し、応募団体の構成員が出演又は出品している活動を実施していることが必要です(提出された実績資料で確認します)。実行委員会等の形式で応募する場合は、中核団体が上記の実績を有することが必要です。

助成金交付要望書の提出先・提出期限

  • 岡山県 環境文化部 文化振興課 電話:086-226-7901 (提出期限:平成29年10月31日)
  • 岡山市 市民生活局 文化振興課 電話:086-803-1054 (提出期限:平成29年10月31日)

※応募方法等詳しくは独立行政法人日本芸術文化振興会ホームページをご覧ください。

お問い合わせ

独立行政法人日本芸術文化振興会 基金部地域文化助成課
〒102-8656 東京都千代田区隼町4-1
TEL:03-3265-6301/03-3265-6126
E-mail:chiiki-nt@ntj.jac.go.jp
(平日9時30分から18時まで)

ページトップ