ここから本文です。

ボランティアメッセージ

更新日:2018年11月19日

これからボランティアに取り組むあなたへ、ボランティアの先輩からメッセージ!

手話でみんなと手をつなごう! 聴こえる・聴こえないに関わらず、誰もが暮らしやすい社会を目指して活動しています。「ボランティア」と身構えず、手話を通してコミュニケーションの輪を広げてみませんか?(手話サークルかけはしの皆さん)

保育園にボランティアに行き、3歳の子どもたちとふれ合いました。目線を合わせると、友だちみたいに仲良くなれました! 最終日、「お姉ちゃんありがとう!」と言ってもらえたのがうれしかったです。(高校2年生C.Uさん)

防災ボランティアとして、災害ボランティアセンターの資材管理等を行っています。暑いなか、県外からも多くのボランティアさんが参加してくれます。資材の寄付も多数いただき、皆さんの心のあたたかさを感じています。(岡山市 男性)

災害ボランティアに参加するため、愛知県から来ました。被災された方のお宅でピアノを運び出す作業などをお手伝いしました。仕事も定年退職して時間に余裕もあるので、自分に少しでもできることがあればという思いで参加しました。(愛知県 男性)

健康と福祉の祭典「ねんりんピック」で使用する「うちわ」を作りました。以前もボランティアに参加して楽しかったので、今回は友だちを誘って参加しました! デザインを考えるのが大変でした。(高校3年生Rちゃん)

『広げよう手話の世界』 聴覚障がい者とのコミュニケーション方法である手話の普及に取り組んでいます。小・中学校への手話の出前講座や手話での寸劇などを行っています。一緒に手話の世界を広げませんか?(きびだんご・ふれあいまつり2018にて)

『たくさんの皆さんの笑顔を見ることができてうれしいです』 ふれあいまつり2018でビー玉万華鏡づくりコーナーの運営ボランティアをしました。参加してくれた子どもたちの笑顔が見られてよかったです!(ノートルダム清心女子大学 ひょうたんの会)

『みんなで元気になりましょう!』心と身体の健康を目指して、花療法やエネルギー療法、自然食品を使った料理教室などを行っています。一緒をはじめませんか?(光南台いきいき健康ネットワーク)

『本当の自分をみつけてみませんか? 気づけばかわれる!!』 子育て中のママ、ひとり身のプラチナ世代、職場の人間関係、不登校、ひきこもり…いろいろな心に寄り添いながら、コミュニケーションを通じて、豊かな社会をつくる活動をしています。あなたも自己発見!していっしょに活動しませんか?(NPO法人マザーリーフ)

ページトップへ戻る

ホーム  > ボランティア活動  > ボランティアメッセージ