ここから本文です。

持続可能な地域づくりについて考える「地域協働フォーラム」【市民協働企画総務課/ESD・市民協働推進センター】

更新日:2016年10月24日

少子高齢化をはじめ、私たちをとりまく社会状況が大きく変化している現在、住みやすい地域、住み続けられる地域をつくるうえで町内会など住民自治組織や安全・安心ネットワークなど地域協働組織の役割や期待が大きくなってきています。しかし、一方で多くの地域組織が担い手不足や行事・会議の繁忙さなどから、地域課題の解決に充分に取り組むことができない状況も見受けられます。こうしたことから独自の視点や工夫によって組織や活動の課題を乗り越えようとしている事例から学び、それぞれの地域での活動やしくみづくりなどに生かしていくことを目指して今年の地域協働フォーラムを開催します。

★地域での課題解決型の地域活動への補助制度である区づくり推進事業「地域活動部門」の説明も行います。

チラシ

開催日時・場所

2016年11月3日(木曜日・祝日)13時30分から16時00分
岡山県生涯学習センター(岡山市北区伊島町3-1-1) 大研修室
※参加無料

プログラム

全体テーマ 

今、地域活動の課題を乗り越える~新たな力を生み出すために~

13時30分  
開会
13時40分頃 
事例発表(1)「現状把握と結果分析によって地域に求められる事業を生み出す」 
発表団体:出石地区まちあるきプロジェクト(岡山市)
14時00分頃 
事例発表(2)「多様な主体の協働によって住民の理解と参加を生み出す~光南台地区鳥獣被害対策協議会の取組」         
 発表団体:岡山市立光南台公民館(岡山市)
14時20分頃 
事例発表(3)「若者・よそものが主体となって地域の新しい魅力を生み出す」 
発表団体:たけべおこし(岡山市)
14時40分頃 
事例発表(4)「あるもの・ないものを地域間で補完しあって事業の相乗効果を生み出す」 
発表団体:川辺地区まちづくり推進協議会(倉敷市)
15時10分頃 
事例発表(5)「行事の整理・仕分によって眠っている組織の底力を生み出す」 
発表団体:宇治地域まちづくり推進委員会(高梁市)
15時30分頃 
グループに分かれての質疑応答
15時50分頃 
区づくり推進事業「地域活動部門」募集説明
16時00分  
閉会

(※時間・発表テーマは変更することがあります。)

コーディネーター

水柿大地さん(みんなの孫プロジェクト 代表取締孫)
石原達也(ESD・市民協働推進センター)

申込

以下のお申込みフォーム(3名まで記入可能)に必要事項をご記入の上、ファックスにてお申込みいただくか、同じ内容を電話・メールのいずれかの方法で、ESD・市民協働推進センターまでお知らせください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDFファイルをご覧いただくには Adobe Reader が必要です。バナーをクリックしてAdobe Reader をダウンロードしてください。

お問い合わせ

ESD・市民協働推進センター(担当:高平・斉藤・那須)
電話番号:086-803-1062
ファックス番号:086-803-1872
メールアドレス:esd-smc@googlegroups.com

ページトップへ戻る

ホーム  > お知らせ・耳より情報  > 持続可能な地域づくりについて考える「地域協働フォーラム」【市民協働企画総務課/ESD・市民協働推進センター】