ここから本文です。

ESD・市民協働推進センターの紹介

更新日:2018年08月08日

ESD・市民協働推進センターは岡山市「協働のまちづくり条例」の第8条に規定された「多様な主体をつなぎ、協働を推進するためのコーディネート機関」です。同じく条例に規定された人材育成、情報共有および交流機会の創出、社会課題解決のための取り組みの推進などを担います。

センター事業

その1 市民協働推進事業

  • 課題解決を進めるために、多様な主体の出会いの機会をつくり協働事業化を支援します。
  • 協働の担い手となる主体の発掘・育成を進めます。
  • 協働による課題解決の事例を広げ、協働の意義を広めます。

その2 地域協働支援事業

  • 地域における課題解決型の取組を支援します。
  • 課題解決型の地域活動を生み出し協働のできる地域団体・人材の育成をすすめます。

その3 ESDプロジェクト普及・促進事業

  • ESD事業の発掘や活動支援を行い、市民活動へのESDの浸透をはかります。

センター3つの事業

その1 市民協働推進事業

(1)課題解決を進めるために、多様な主体の出会いの機会をつくり協働事業化を支援します。

  • 協働提案に関する相談、マッチング、事業化支援
  • 課題解決のためのワークショップの企画・運営
  • 若者や企業を対象とした課題解決ワークショップの企画・運営
  • 市民協働推進モデル事業・ニーズ調査事業(補助制度)の伴走支援

(2)協働の担い手となる主体の発掘・育成を進めます。

  • 若者や企業を対象とした課題解決ワークショップの企画・運営
  • 大学、企業の社会貢献活動やNPOのニーズ調査等を行います。
  • 市民活動のリーダー養成講座の企画・運営

(3)協働による課題解決の事例を広げ、協働の意義を広めます。

  • 市民協働フォーラムの企画・運営
  • 協働のまちづくり展等の企画・運営
  • 市民協働推進サイト「つながる協働ひろば」のコンテンツの作成等

矢印 各事業の詳細についてはこちら

協働のまちづくり展協働条例の普及・活用促進事業
協働のまちづくり展inイオンモール岡山

市民協働フォーラム市民協働フォーラム
「新しいお金の流れを考える」

その2 地域協働支援事業

(1)地域における課題解決型の取組を支援します。

(2)課題解決型の地域活動を生み出し協働のできる地域団体・人材の育成をすすめます。

  • 地域活動リーダー養成講座の企画・運営
  • 地域を支える職員のための研修会を企画・運営

矢印 各事業の詳細についてはこちら

区づくり推進事業区づくり推進事業
ホタルと環境を守り、憩いとふれあいの場づくり

地域協働フォーラム地域協働フォーラム
「地域力、発揮!」

その3 ESDプロジェクト普及・促進事業

(1)ESD事業の発掘や活動支援を行い、市民活動へのESDの浸透をはかります。

  • ESDプロジェクト活動支援助成金の広報や相談支援
  • ESDアワードや、ESDフォーラムの運営支援

ESDアワードESDアワードの普及支援
ESD岡山アワード2017

ESDアワード2

 

センターの機能

(1)協働を生み出す支援
市民や行政からの協働に関する相談支援し、団体のマッチングや、協働事業化の支援をします。

(2)担い手の育成
市民活動リーダー・コーディネーター養成、地域活動リーダー養成、協働推進委員、公民館職員研修を行い、人材や団体の育成を行います。

(3)広報や啓発
事業の成果報告会や、フォーラムの開催、表彰制度の運営支援をし、協働の成果の共有や、協働の進め方の定着をはかります。

センターの機能(原図)

 

センターの構成

ESD・市民協働推進センターは、市民活動支援を事業として実施しているNPO法人岡山NPOセンターが運営しています。市民協働企画総務課、ESD推進課と連携して、地域にある社会課題の解決を進め、持続可能な協働のまちづくりを促進します。

3ノップ(右)

 

いつでもご相談ください!
郵便番号:700-8544 岡山市北区大供1-1-1  
  岡山市役所本庁舎2階(市民協働企画総務課となり)
    相談時間:平日9時00分から17時00分まで
    電話番号:086-803-1062/070-5055-7589
    メールアドレス:esd-smc@googlegroups.com

 

スタッフ紹介

石原さん

石原 達也(事業プロデューサー)

NPO法人岡山NPOセンター副代表理事。NPO支援歴は10年を超えるプロフェッショナル。県内の市民発ムーブメントを複数手掛けており、その活躍は全国にも知られている。冷静沈着で、ファシリテート、デザイン、コピーライティング、企画・アイディアを出すのを得意とする一方、学生時代より冒険あそび場づくりに取り組んでおり、子ども向けの各種工作教室もできる。

高平さん

高平 亮(センター長)

2014年度のセンター開設時からセンター長に就任。複数の自治体の協働事業の審査に携わっており、県内の協働事例を多く知る。サッカー、洋楽、哲学に傾倒した青春時代を過ごし、10職種以上のアルバイトと自動車整備士の経験がある。

斉藤さん

斉藤 恵美(コーディネーター)

サービス業や福祉で従事し、内閣府青年国際交流事業「世界青年の船」事業参加後、「岡山青年国際交流会」で10年以上、国際交流ボランティアに携わる。多岐に渡る経験を活かし、臨機応変に対応する。お笑いと甘いものが好き。

戸田さん

戸田 瑠美子(コーディネーター)

教育・運輸業の事務に従事し、2017年にNPO法人岡山NPOセンターへ入所。現在、ESD・協働推進センター業務とNPO事務支援センターを兼務中。旅行と音楽が好き。

河津さん

河津 泉(サポートスタッフ)

大学時代よりボランティアやまちづくりの活動に従事、2012年、地域をよくしたい想いをもってNPO法人岡山NPOセンター入職。自身もNPO法人の理事を務め、自身の経験を活かし、市民の目線に立った支援を心がけている。現在、一児の母。

利根さん

利根 弥生(サポートスタッフ)

大学進学を機に地元大分県から岡山県へ。学生時代に出会ったNPO法人での活動を続けている。自身の活動経験をESD・市民協働推進センターの業務にも活かし、相談役やつなぎ目役としてサポートを行う。犬と中華とファッションが好き。

岸さん

岸 佑東(サポートスタッフ)

大学中退後、林業に従事するも、蜂アレルギーの悪化により断念し、NPO法人岡山NPOセンターへ入職。
28歳になる今まで、市民活動、ボランティア、寄付の主体的な経験ないが、自分の人生がまんざら無駄ではないかもしれないこと、困難を抱える人や動物や環境のためにできることがあるかもしれないことに気づかせてもらい、若干奮闘中。イヌとネコとお酒が好き。

 

 

岡山市協働のまちづくり条例をみんなで活かそう!!へ戻る

 

岡山市協働推進委員会(審議会)の取組
岡山市市民協働推進本部・協働推進員の動きの紹介
岡山市協働のまちづくり条例の内容
岡山市協働のまちづくり条例が改正されるまで

ページトップへ戻る

ホーム  > 協働のまちづくり条例をいかそう!  > ESD・市民協働推進センターの紹介