ここから本文です。

生物の視点からの環境・地域づくり~SDGs目標15を実現するために~

開催日時

2019年3月9日(土曜日)13時00分から16時30分(開場12時00分から)

開催場所

きらめきプラザ(岡山市北区南方2-13-1)

内容

SAVE JAPANプロジェクトは、損保ジャパン日本興亜株式会社が、定款を電子化したことに伴い、日本NPOセンター、地域NPOセンター、地域団体が協働して、希少生物種の保護を通して「いきものが住みやすい環境づくり」を実践し、広く自然環境や生物多様性の保全に対する理解を進める活動です。いま2030年に向けて、SDGsが進められる中で、これまでの活動を振り返り、これからの私たちの暮らし、地域づくりにつないでいくためのアイデアを一緒に検討したいと思います。

生物の視点からの環境・地域づくり


会場

きらめきプラザ 7階705

●SAVE JAPANプロジェクトについて
 時間:13時00分から13時10分
 村中尚樹氏(損保ジャパン日本興亜株式会社岡山支店副長)

●これまでの取組み報告
 時間:13時10分から13時30分
 1.ブッポウソウの保護・観察(活動と成果)
 2.ウスイロヒョウモンモドキの保護・観察(活動と成果)
 3.旭川かいぼり調査(活動と成果)

●参考事例報告
 時間:13時30分から14時45分
 1.蒜山高原のサクラソウの保護活動
 2.ダルマガエルの保護・活用

●シンポジウム
 テーマ:生物多様性の保全と利用
     ~いかに地域づくりにつなげていくか~
 時間:14時45分から16時30分
 パネリスト:齋藤達昭氏(岡山理科大学理学部准教授)
       片岡博行氏(重井薬用植物園園長)
       黒田 聖子氏(ノートルダム清心学園教諭)
       田井 義明氏(新見市土橋地区振興会会長)

料金
無料

申込
下記のイベント情報チラシ(申込書付)に明記の上、高梁川流域学校までお申込みください。

料金

無料

申込み

必要

資料

イベント情報チラシ(申込書付) (954KB)  (PDF文書)PDF文書

お問い合わせ・連絡先

一般社団法人 高梁川流域学校
担当:岡野
郵便番号710-0054 岡山県倉敷市阿知3-5-5
電話番号:090-4800-1110
ファクス番号:050-3588-6427
メールアドレス:okanoc@gmail.com

ページトップへ戻る

ホーム  > イベント情報  > 生物の視点からの環境・地域づくり~SDGs目標15を実現するために~