ここから本文です。

岡山芸術交流2019パブリックプログラムシンポジウム「アートが“変える”ひとづくり、まちづくり」

開催日時

2019年3月15日(金曜日)19時00分から20時30分(18時30分開場)

開催場所

山陽新聞社(岡山市北区柳町2-1-1)

内容

今年9月27日に開幕する現代アートの国際展「岡山芸術交流2019」を前に、現代アートの捉え方や関わり方について考えるイベントを開催します。

場所
山陽新聞社さん太ホール

基調講演
テーマ「ものを見るということ〜脳と心の関係の探求と共創」
講師:神谷之康さん(京都大学情報学研究科教授)

パネルディスカッション
テーマ「アートの境界線について」
パネリスト:大森雅夫(岡山市長)、
      石川康晴さん(総合プロデューサー)
      那須太郎さん(総合ディレクター)
      神谷之康さん
コーディネーター:木ノ下智恵子さん
        (パブリックプログラムディレクター)

定員
300人

申込
氏名、住所、電話番号、年齢、職業、申込人数をはがき、ファクスまたはホームページでお申し込みください。
【はがき】郵便番号:700-8634 北区柳町2-1-1
【ファクス番号】086-803-8113
【ホームページ】http://c.sanyonews.jp/artsummit.html

料金

無料

申込み

必要

URL

シンポジウム情報ホームページ別サイト

お問い合わせ・連絡先

岡山芸術交流シンポジウム事務局
電話番号:086-803-8013
ファクス番号:086-803-8113

ページトップへ戻る

ホーム  > イベント情報  > 岡山芸術交流2019パブリックプログラムシンポジウム「アートが“変える”ひとづくり、まちづくり」