ここから本文です。

地域で支え合い暮らしていくための食を通じた居場所づくりと支援のあり方~しっぽふぁーれの取り組みの報告~

更新日:2019年01月09日

医師、看護師、ケアマネージャー、弁護士、行政や社協、NPOなど、地域には困りごとを支える様々な専門家や支援機関があります。ご近所さんや勤務先、商店や不動産屋さんなど、日常生活で関わる方が支えになることもあります。しかし、ひとりひとりが抱える悩みや困りごとはとても複雑で、どれだけ優れた専門家でも一人で解決することはできません。

医療や介護・福祉、年金など様々な専門家、不動産業者などの民間企業、地域住民や時には障がい者など当事者自身も支える側の一人として支え合うことが大切です。そんな地域を実現するための仕掛けが、食を通じた「居場所づくり」の事業です。

支え手・受け手の隔たりがなく役割を持ち、助け合いながら、誰もが自分らしく活躍できる地域コミュニティの育成と、専門家による支援のあり方について、あらためて考えてみていただければと思います。

この事業は「平成30年度市民協働推進モデル事業」の一環です。

開催概要

日時:2019年2月5日(火曜日)13時30分から16時00分(13時00分から受付)
場所:岡輝公民館(岡山市北区旭本町1-80)
費用:無料
定員:50名

内容

第1部 基調講演 13時30分から14時20分
「誰もが自分らしく活躍し、安心して暮らし続けられる地域に」
講師:水谷 賢氏(岡山パブリック法律事務所・弁護士)

第2部 成果発表 14時30分から15時30分
【1】「安楽亭」(NPO法人岡山・ホームレス支援きずな)
【2】「うてんて食堂」(NPO法人おかやまUFE)
【3】「岡輝みんな食堂」(佐藤医院)

質疑応答・意見交換会(30分)15時30分から16時00分

申込

電話・ファックス・メールのいずれかで、氏名・連絡先をお知らせのうえ、しっぽふぁーれ事務局(一般社団法人ほっと岡山)までお申込みください。
締切:2月1日(金曜日)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDFファイルをご覧いただくには Adobe Reader が必要です。バナーをクリックしてAdobe Reader をダウンロードしてください。

お問い合わせ

しっぽふぁーれ事務局(一般社団法人ほっと岡山)
電話番号:0120-566-311
ファックス番号:086-230-4561
メールアドレス:office.hotokayama@gmail.com

ページトップへ戻る

ホーム  > お知らせ・耳より情報  > 地域で支え合い暮らしていくための食を通じた居場所づくりと支援のあり方~しっぽふぁーれの取り組みの報告~