ここから本文です。

「地域活動リーダー研修会『地域活動の棚卸しと地域ビジョンのつくり方』」【岡山市/ESD・市民協働推進センター】

更新日:2017年01月16日

地域への期待が高まる一方で「活動の担い手がいない」「マンネリ化」など地域リーダーの悩みは尽きません。元気で持続可能な地域づくりを進めるためヒントをつかむ研修を開催します。

 開催日時・場所

2017年1月28日(土曜日)13時00分から17時00分
岡山市役所本庁舎(岡山市北区大供1-1-1) 会議室

対象・定員

地域の課題解決に取り組む町内会や、安全・安心ネットワークなどのリーダーおよびリーダー候補者
20名程度(参加費:無料)

内容

13時00分 開会、趣旨説明
13時10分 なぜ地域活動の棚卸しが必要か?
13時40分 棚卸しの事例「宇治地域(高梁市)の取組み」
14時25分 地域活動の棚卸しワーク
15時25分 棚卸しワークを踏まえ、来年度どう動かしていくのかを考えよう。
15時45分 動かす事例「NPO法人スマイル・ちわ(津山市)の取組み」
16時30分 まず一歩を踏み出すためのワーク
16時50分 まとめ、閉会

講師

國米彰さん(知和自治団長、NPO法人スマイル・ちわ理事長)

津山市加茂町知和(ちわ)を拠点に「とにかくやってみようや!」をスローガンに自治体(町内会)が母体となってNPO法人を結成。町内会として取り組む行事と、NPO法人として実施する事業を整理しました。地域を「大家族」と位置づけ、むらづくり活動・環境保全の推進等に関する事業を行い、地域に暮らす一人一人がつながり、お互いが支え合い助け合いながら安心して住める、住みよい・明るいむらづくりに寄与することを目的として、高齢者の生活を支える「便利屋」事業や、地域外の住民と知和をつないでファンを増やす「ワークショップ」事業など幅広い取り組みを展開されています。人をつなぎ、人と地域を動かすリーダー像にも注目です!

中曽まゆみさん(宇治地域ちづくり推進委員会

高梁市宇治の「宇治地域市民センター」内の事務所で、町民の相談対応、活動拠点の提供、活動の支援など幅広い事業を実施されています。すべての住民を対象としたアンケートを行い、住民自治組織が定例行事を点検する「地域活動の棚卸し」「行事仕分け」にも取り組まれました。そして、地域の進むべき方向を再確認・リスタートした取り組みが、2016年の「過疎化地域自立活性化優良事例(総務大臣賞)」に選出され、その活動は全国から注目されています。

阿部 典子さん(NPO法人みんなの集落研究所

調査・分析業務、計画策定・モデル事業運営、マッチング及び円卓会議の開催、人材育成・組織強化、政策提言などを行っており、宇治地域まちづくり推進委員会の地域活動の棚卸しや、行事仕分けを共に行いました。

申込

関連資料のチラシ・申込フォームをダウンロードいただき、申込フォームに必要事項をご記入のうえ、ESD・市民協働推進センターまでファックスを送付していただくか、同内容を電話またはメールでお知らせください。※ひとつの組織から複数名でご参加いただくことをおすすめします。

申込締切:2017年1月25日(水曜日)17時00分

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDFファイルをご覧いただくには Adobe Reader が必要です。バナーをクリックしてAdobe Reader をダウンロードしてください。

お問い合わせ

ESD・市民協働推進センター(担当:高平、斉藤、那須)
電話番号:086-803-1062または070-5055-7589
ファックス番号:086-803-1872
メールアドレス:esd-smc@googlegroups.com

ページトップへ戻る

ホーム  > お知らせ・耳より情報  > 「地域活動リーダー研修会『地域活動の棚卸しと地域ビジョンのつくり方』」【岡山市/ESD・市民協働推進センター】