ここから本文です。

「おかやま協働のまちづくり賞」

更新日:2019年10月11日

おかやま協働のまちづくり賞とは…

noppu「岡山市協働のまちづくり条例」は、多様な主体が地域づくりの当事者として、それぞれの知恵と力を最大限に活かし、協働して地域の社会課題解決に関する取組を行い、豊かで活力ある持続可能な地域社会を実現することを目的としています。この条例にもとづき、優れた協働の取組を表彰します。 
住民自治組織、NPO法人その他の市民活動団体、事業者、学校・大学、行政など、2団体以上の多様な主体の協働で進められる岡山市の社会課題解決の取組を募集し表彰します。入賞の取組は本サイト他広く紹介し応援します。
なお、募集テーマは毎年度変わります。同じ団体でもテーマの違う取組を何度でも応募することができます。

第4回「おかやま協働のまちづくり賞」

まちづくり賞の流れ

第4回のテーマは「すべての人に健康と優しさを」

「健康で自分らしい生き方をしたい」市民だれもの願いです。町内会などの住民自治組織・NPO・企業・学校・行政など多様な主体が一緒に活動し、子どもたちの健やかな成長を支える取組、健康寿命の延伸のために生活習慣を改善する取組、年齢や障がいの有無にかかわらず自分らしい生活を送れるように地域で支え合う取組などを募集します。

みなさんの地域で、子どもの生活を整える食育の実践、働く世代の健康促進のためのウォーキング大会、高齢者の生きがいを支えるサロンの取組など、子どもからお年寄りまで健康で心豊かに生活できる地域社会を実現するために、協働で取り組んでいる活動はありませんか。
活動の対象や分野は問いません。「すべての人に健康と優しさを」届ける、多くの取組のご応募をお待ちしています。

SDGs目標3:すべての人に健康と福祉を
※SDGsとは:2030年に向けて国連で採択された17の目標

募集

所定の応募用紙に記入し、取組内容を補足する資料等を添えて、郵送(電子メールでも可)または持参してください。募集の詳細は下記のリンクをご覧ください。
募集期間:令和元年7月3日(水曜日)から10月11日(金曜日)まで

インターネットによる投票

応募された取組についてインターネットでの投票を行います。
インターネットの結果は審査の参考となります。

審査

令和元年12月に審査会(岡山市協働推進委員会)において審査します。
※審査会において応募された団体にヒアリングをさせていただくことがあります。

表彰

令和2年2月に開催する「市民協働フォーラム」で、「協働のまちづくり大賞」の取組には賞金10万円と表彰状を、「協働のまちづくり賞」の取組には、賞金5万円と表彰状をそれぞれ授与します。
また、入賞した取組は、令和2年度中に5分程度の動画を作成して、DVDを贈呈し、当サイトで配信します。

 

岡山市協働のまちづくり条例をみんなで活かそう!!に戻る

 

岡山市協働のまちづくり条例が改正されるまで

ページトップへ戻る

ホーム  > 協働のまちづくり条例をいかそう!  > 「おかやま協働のまちづくり賞」