情報たから箱サイトへ

  • 文字サイズ・色合いの変更
  • English
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • ???

ホーム  > 協働の活動  > 市民協働推進事業  > 平成31年度市民協働推進モデル事業  > 「学ぶことは生きること」義務教育学び直しサポート事業

ここから本文です。

「学ぶことは生きること」義務教育学び直しサポート事業

更新日:2020年06月11日

     夜間中学

解決を目指す課題と現状

リカレント教育推進に向けた基礎部分である義務教育課程の学び直しの場をつくることで誰もが社会に貢献できる環境を整える。

課題解決の方策

学び直しをしたい層への働きかけが既存の調査ではうまく行われておらず、学び直しのサポートが団体活動開始まで行われてきていなかった。スタッフが学校教育などの現場を学ぶ機会がない。

  • 潜在的なニーズ把握を含む、夜間中学校に関するニーズ調査事業
  • 自主夜間中学校を持続可能な活動にしていくための事業

スケジュール

  • 4月~5月 アンケート調査内容・方法の検討・確定
  • 6月~7月  アンケート調査開始
  • 7月~9月  ヒアリング調査実施
  • 9月     スタッフ研修会
  • 11月    報告書作成
  • 12月    報告書配布
  • 1月     スタッフ研修会

実施団体と協働部署の役割分担

実施団体
一般社団法人 岡山に夜間中学校をつくる会

 

協働部署 
岡山市教育委員会事務局 学校教育部指導課・生涯学習部生涯学習課

  • アンケート調査・ヒアリング調査の実施
  • 学び直しニーズの整理と報告
  • 担当課の自主夜間中学校視察の調整
  • 研修や授業への参加者の調整
  • 公共施設におけるイベントの実施
 
  • アンケート調査・ヒアリング調査に関する意見出しや調整
  • 自主夜間中学校の視察
  • 団体関係者の研修や授業への参加調整(指導課)
  • 社会教育施設利用の調整(生涯学習課)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDFファイルをご覧いただくには Adobe Reader が必要です。バナーをクリックしてAdobe Reader をダウンロードしてください。

ページトップへ戻る