情報たから箱サイトへ

  • 文字サイズ・色合いの変更
  • English
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • ???

ホーム  > 協働のまちづくり条例をいかそう!  > 岡山市協働推進委員会(審議会)の取組  > 平成30年度第3回協働推進委員会を開催しました。

ここから本文です。

平成30年度第3回協働推進委員会を開催しました。

更新日:2018年09月18日

2018年8月21日(水曜日)平成30年度第3回協働推進委員会が開かれました。
今回の委員会から、委員も2期目に入り、新しい委員を迎えての開催となりました。

 

NPO法人岡山市子どもセンター代表理事の美咲美佐子美咲美佐子さん


NPO法人岡山市子どもセンター代表理事の美咲美佐子さん。
協働のまちづくり条例改正にもかかわっていただいておりましたが、新たな気持ちで委員を務めたいとのご挨拶です。

 


岡山東法人会副会長の福島正春さん。
経営者の団体でありながら、社会貢献活動として「こどもエコクラブ」に長年取り組み、子どもたちの環境活動を応援しています。

岡山東法人会副会長の福島正春さん福島正春さん

 

興除中学校校長の河内真理子さん河内真理子さん


興除中学校校長の河内真理子さん。
地域に何か貢献できないかと、学校と地域とのつながりを念頭に置き、中学校の校長を務めておられます。

 


公募委員の延江典子さん。
岡山県青年団協議会会長として、自分の暮らす町を元気にする活動をされています。

公募委員の延江典子さん延江典子さん

 

そして、委員会委員長に岡山大学地域総合研究センターの岩淵泰助教、副委員長に伊永高明連合町内会副会長と、NPO法人岡山NPOセンターの石原達也代表理事が選ばれ、委員15名で岡山市の協働を進めていきます。

今回の委員会の審議は、「岡山市協働推進計画」の進捗状況の説明と、「大学における社会参加環境調査ヒアリング」及び「平成31年度市民協働推進モデル事業」募集についての報告です。

計画の成果については、29年度の成果指標が確定しました。岩淵委員長から、「平成32年の目標達成に向けて、委員会が評価する市民協働推進モデル事業について評価の基準や採点の中身も考えたほうがいい、また、それぞれの目標を達成できなかった場合は、どうして出来なかったのかということをしっかりコメントしないといけない」と発議がありました。

協議の様子


また、第1回委員会で協議のあった県内大学へのヒアリングについて、各大学のインターンシップや授業の取組をお聞きし、学生と地域社会をつなぐため、岡山市で実施している区づくり推進事業などの事例から地域の課題解決の取組を学んでいただけるよう、大学側へ提案していくことを事務局から報告しました。
協働推進計画の施策でもある、地域活動・市民活動に参加する大学生の育成が、今後進められていきます!!

 

新たなメンバーを迎えて、委員15人で市民と一緒に岡山市の協働を進めていきます!

 

岡山市協働推進委員会(審議会)の取組に戻る

岡山市協働のまちづくり条例をみんなで活かそう!!に戻る

ページトップへ戻る