ここから本文です。

「第6回岡山市協働推進委員会」

更新日:2017年07月12日

2017年3月24日
「第6回岡山市協働推進委員会」が開催されました。

審査の様子

2017年3月24日(金曜日)、第6回目の「岡山市協働推進委員会」は平成29年度市民協働推進モデル事業の審査を行いました。

岡山市市民協働推進モデル事業の補助制度は、市との協働によってより効果的に課題解決が進むと認められる取り組みをモデル事業として指定し、事業を実施した後に、市の一般施策となること、もしくは公共性の高い民間の事業として自立して継続実施するなど、新たな公的サービスを生み出すことにつながる事業を補助するものです。

 

提案は9件。提案団体が、自分たちの思いを込めたプレゼンテーションを行い、協働部署から解決を図る必要性や協働することによる効果、事業実施後の発展性について所見を述べ、その後、質疑が行われました。

すべての発表の後、委員の採点結果とコメントを共有し、全体協議を行いました。その結果、審査会としてすべての事業について、よりよい協働事業としていくための見直し意見を付帯してモデル事業に推薦することを決めました。
プレゼンする団体と協働部署
プレゼンする団体と協働部署

 

実施団体と協働部署は、事業の効果をより高めていくための見直し後、5月から事業をスタートさせることになります。見直し協議の場には、ESD・市民協働推進センター、市民協働企画総務課も同席し、実施事業の必要性、団体の実施体制、予算案の精査等を行います。

平成28年度最終回の「岡山市協働推進委員会」。今年度審議してきた「岡山市協働推進計画」が2月に確定したことを報告し閉会しました。

 

岡山市協働推進委員会(審議会)の取組に戻る

岡山市協働のまちづくり条例をみんなで活かそう!!に戻る

ページトップへ戻る