ホーム  > 協働の活動  > 岡山市の協働推進条例をみんなで活かそう!!  > ESD・市民協働推進センターの紹介  > センター日誌  > 「パネル展」で振り返る協働元年【2017年4月21日】

ここから本文です。

「パネル展」で振り返る協働元年【2017年4月21日】

更新日:2017年05月15日

パネル展開催しました

「もっと団体のことや取組について多くの方に知ってもらう方法はありませんか?」

「おかやま協働のまちづくり展」を開催したきっかけは、ある団体の方からのこのような相談からでした。
団体とも話をして方法を色々考えていく中で、市役所本庁舎1階の市民ホールでパネル展を開催してみるのはどうだろうかとういう案がでてきました。

みなさんも、岡山市役所本庁舎1階にある「市民ホール」を訪れたことがあると思います。
この市民ホールでは、市役所の各課が関係する展示会などを行っており、普段はなかなか予約が取れないのですが、2017年3月30日(木曜日)から4月4日(火曜日)の5日間(土曜日を除く)の日程で運よく開催できることになりました!

さまざまなパネル

今回、このパネル展を開催するにあたって、相談してきた団体だけではなく岡山市全体の協働の取組を紹介していきたい!という思いから、「おかやま協働のまちづくり展」として新たに約30枚もの協働の取組を紹介するパネルを作成することになりました。

実際作成してみると、アレもコレも取り上げたい!と1枚の限られたパネルの中で表現するのは非常に大変でした。また、内容だけでなく熱意をパネルで表現するのは難しいものですね! 

 

新たに作成したもの、「おかやま協働のまちづくり賞」入賞団体の手作りのもの、既存のものを含め、期間中に展示したパネルは総数50枚以上。当初に想定していた時よりたいへん大規模なパネル展となりました。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました!

 

案内中

パネル展開催中は、「協働をもっと知りたい」「地元の新聞に掲載された記事を見た」「自分の団体のパネルを見に来た」「ふらっと立ち寄った」「つながる協働ひろばのフェイスブックを見て来た」という方々が来場され、岡山市の協働について学ばれていました。皆様に熱意は伝わったでしょうか?

 

残念ながら今回の「おかやま協働のまちづくり展」を見逃された方は、市内に全戸配布されている「市民のひろばおかやま特集号みんなのおかやま2017年4月号」をご覧ください。協働のエキスが「ギュッ」と詰まってますよ!

これからも岡山市の協働にご注目くださいね!

 

 

(コーディネーター 斉藤恵美【愛称モグ】)

 

矢印     センター日誌一覧     矢印

ページトップへ戻る