ホーム  > 協働の活動  > 岡山市とNPOの協働事業

ここから本文です。

岡山市とNPOの協働事業

更新日:2014年07月04日

このページでは、NPO等と岡山市との協働事例を順次紹介していきます。

ホームレス支援の取り組み

NPO法人岡山・ホームレス支援きずなと岡山市福祉援護課がパートナーとなって取り組んでいる「ホームレス支援事業」について、2013年2月6日の市民協働フォーラムで事例報告をしていただきました。フォーラムでの発表資料です。市民団体がボランティアで始めたホームレス支援の取り組みが行政をまきこみ、岡山市の施策となっていった事例です。NPO法人と行政担当者とのそれぞれの報告資料を掲載します。ぜひ両方の資料をご覧ください。

最初から協働事業だったのではない、よりよいものにしていこうとする両者の思いが協働事業にしていったのだと思う。/NPO法人岡山・ホームレス支援きずな

事例報告 (180KB)  (PDF文書)PDF文書

共通の理念や目標(目的)にむかって情報を交換・共有して“一緒にやっていく”関係/岡山市福祉援護課

報告資料 (65KB)  (PDF文書)PDF文書

市民協働推進モデル事業

平成24年度「岡山市市民協働推進会議ワーキングチーム」で出された協働の可能性のある課題(事業)と、「岡山市・NPO協働推進協議会」作成のNPO法人からの提案書「協働でこんなことできますリスト」による提案について、市職員とNPO法人との事業別検討会を経て、平成25年度市民協働推進モデル事業として次の2事業を実施しました(実施期間 平成25年12月~平成26年3月)。いずれも社会課題の共有のための調査事業となりました。事業そのものが課題解決となるものではありませんが、今後NPOと市との協働事業をすすめていく上、課題の現状の掘り下げがとても有効になると考えます。協働事業のすすめ方を示唆するものとして本2事業の成果について報告します。

協働推進モデル事業

内容

事業名

NPO

岡山市

施設退所児童支援のための実態調査事業

NPO法人杜の家

こども企画総務課
こども総合相談所

自立する子どもを育むための体験活動調査

NPO法人
岡山市子どもセンター

こども企画総務課
中央公民館

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDFファイルをご覧いただくには Adobe Reader が必要です。バナーをクリックしてAdobe Reader をダウンロードしてください。

ページトップへ戻る