ここから本文です。

For ボランティアビギナーその1(ボランティアの理念とポイント)

更新日:2015年07月16日

ボランティアの一歩を応援する情報をご紹介!

ボランティアに興味はあってもなかなか一歩が踏み出せない。
「Forボランティアビギナー」では、そんな皆さんにボランティアの一歩を応援する情報をご紹介します!

ボランティアは資格がなければできないものではありません。皆さんの時間と力を少しだけ、誰かのため・何かのために使ってみませんか?新しい世界が広がること間違いなしです!


ボランティアの様子

花アイコンボランティアの理念とポイント
花アイコンちょボラリスト(日常生活の中でできるちょっとしたボランティア)
花アイコンボランティアについて知りたい・相談したいときはどこに行けばいいの?
花アイコン現在どんなボランティアに参加できるの?(ボランティア募集情報)
花アイコン実際どのように活動しているの?(わくわくボランティア)


ボランティアの理念とポイント

ボランティアの理念

ボランティアの活動は、以下の4つの理念をもとにした「自らの意志で、他人や社会のために行う非営利の活動」とされています。ボランティア活動への認識が高まるにつれ、地域社会への参加や自己実現のための市民活動として、大きな広がりを見せています。

自主性(自発性)

ボランティアは強制的・義務的にやらされるものではなく、皆さんの「取り組んでみよう」という気持ちから始まる活動です。興味・関心のある活動から取り組んでみましょう。

無償性

ボランティアは、「お金をもらうことを目的に取り組む活動」ではない点が、仕事やアルバイトとの大きな違いです。見返りや報酬以上に、お金では買えない出会いや喜びを得ることができるのも、ボランティアの魅力です。

社会性

豊かな社会をつくるのはあなた!
色んな人とつながり協力しながら取り組むことで、新しい可能性や世界がどんどん広がっていきます。

先駆性・創造性

 目の前にある課題に正面から向き合うことも大切ですが、ちょっと視点を変えてみましょう!
新たな発見や改善策が見えてくるかもしれません。色んな人の自由なアイデアや発想を活かして活動できる点も、ボランティアのやりがいにつながります。


ボランティアのポイント

「うーんちょっと難しそう・・・」「不安だなぁ・・・」。
けれど、要点をおさえていれば、自分にとっても相手にとっても楽しいボランティア活動になりますよ。その際のチェックポイントは以下のとおりです。


チェック 相手の身になって考える
チェック 無理をしない
チェック 約束を守る
チェック 学習をしましょう
チェック 相手のプライバシーを守る
チェック 自分の活動に責任を持つ
チェック 活動にけじめをつける
チェック 謙虚さを忘れずに
チェック 周囲の理解を得よう
チェック 活動の点検を

 

ボランティアについて学べたかな?
次は日常生活の中でできるちょっとしたボランティア「ちょボラ」について見てみよう!

のっぷ




矢印「Forボランティアビギナーその2」へ



ページトップへ戻る