情報たから箱サイトへ

  • 文字サイズ・色合いの変更
  • English
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • ???

ホーム  > 協働の活動  > つながる!協働リレーコラム  > その6【多文化協働の仕事づくり・まちづくり】

ここから本文です。

その6【多文化協働の仕事づくり・まちづくり】

更新日:2017年08月10日

「つながる!協働リレーコラム」では、岡山で活躍するNPO法人の皆さんに、自分たちの活動や経験を通じて、「協働」に関して感じていること・考えていることについてコラムでご紹介いただきます。
※なお、内容は執筆当時のものです。

NPO法人メンターネット  理事長 岡崎博之さん

プロフィール

岡山市出身。岡山市民生協再建活動を経て、経営コンサルタント・行政書士事務所を開業。
外国人の入国在留申請手続きに関する仕事をしながら、在住外国人を支援するNPO法人メンターネットを設立し、理事長をつとめています。


行政・学校・経済団体・NPO・NGOが協働して、岡山市市民協働推進モデル事業に取り組んでいます。

NPO法人メンターネット理事長の岡崎博之さん

NPO法人メンターネットとは?

NPO法人メンターネット(以下、メンターネット)は、2003年7月に「多文化協働の仕事づくり・まちづくり」をコンセプトに設立されました。ICTを活用して、多文化協働社会の実現を目指し、自立と相互扶助のもと、在住外国人に対して職業能力の開発、雇用機会の拡充及び創業を支援する事業等を行い、地域経済の活性化に寄与することを目的としています。

矢印NPO法人メンターネット(団体検索サイト)
矢印NPO法人メンターネット(別サイト)
矢印NPO法人メンターネット(Facebookページ)


主な活動紹介

主には以下の3つの業務を中心に、士業やIT・SOHO起業家の専門集団として、岡山で先駆的な役割を果たす活動に取り組んでいます。
・外国人への入国在留資格(VISA)・生活相談及び個別支援
・外国人技能実習生受入協同組合への法的保護情報講習・日本語学習支援
・留学生等外国人雇用・起業相談、日本への投資経営相談及び入管手続き

外国人技能実習生への法的保護情報講習外国人技能実習生への法的保護情報講習

外国人技能実習生への法的保護情報講習では、中国・ベトナム・フィリピンの通訳をつけて、入管法・労働関係法等の講義をしています。日本での生活習慣・風俗文化の違いについてのガイダンスも行っています。

相談会の様子相談会の様子

また、平成26年度岡山市市民協働推進モデル事業に採択され、岡山市国際課と協働して「外国人市民へのwebサイトによる情報提供事業」を実施しています。わかりやすい日本語や多言語で、外国人市民の立場に寄り添ったwebサイトの運営を目指しています。


「多文化協働のまちづくり・仕事づくり」と「創縁社会」

NPO法人メンターネットの目標は、日本に住んでいる外国人と一緒に、仕事や暮らしを通じて、地域経済の活性化や安全・安心・快適な地域コミュニティを創りだすことです。
最近、地縁・血縁・社縁等、「絆」をなくした人々の問題が「無縁社会」というキーワードで話題になりました。日本人と同様に、在住外国人も、色々な困難を抱えている人が増えてきています。NPO法人メンターネットは、離婚・失業・病気等で「孤立化」した在住外国人のVISA・在留資格の仕事や生活相談に力を入れています。

これまでも個別の支援をしてきましたが、4年前から、「創縁社会づくりプロジェクト」と名付けました。日本人と外国人が協働したネットワークで、新しい「縁」を創りだすプロジェクトを、小さなことから始めていきたいと思います。
そのためにはまず、在住外国人支援について取り組んでいる行政・経済団体・企業・NPO・NGO・ボランティア団体等の個々の団体が、連携し、情報を共有し、協働していくことが必要です。

官民が協働して支援活動を行い、外国人市民が地域活動に参画して社会の新しい「縁」を生み出すことにより、外国人にとって住みよいまちとなっていきます。すなわち、日本人にとっても安全・安心・快適な住みよいまちとなることにつながっていきます。



 

 

次回は、NPO法人なでしこ会で活動する杉山さんのコラムだよ!お楽しみに!

のっぷ

矢印(ひだり)前の記事へ 一覧へ 次の記事へ矢印 

ページトップへ戻る