情報たから箱サイトへ

  • 文字サイズ・色合いの変更
  • English
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • ???

ホーム  > みんなの活動紹介  > となりのNPO法人  > 発達障害を持つ子どもの強みを生かして弱みに寄り添う【NPO法人星とたんぽぽ】

ここから本文です。

発達障害を持つ子どもの強みを生かして弱みに寄り添う【NPO法人星とたんぽぽ】

更新日:2021年01月08日

のっぷ特定非営利活動法人星とたんぽぽ(以下「星とたんぽぽ」)は、自閉スペクトラム症を主とした発達障害の子どもを対象に療育を行う指定児童発達支援事業所です。
療育ってどんなことをするのだろう?

所長の渡邊好子さんにお話を伺ったよ!

星とたんぽぽでの療育

のっぷ:
星とたんぽぽさんはどんな活動をしているNPO法人ですか?

渡邊さん:
星とたんぽぽは、発達障害を持つ子どもの強みを生かして、弱みに寄り添う事を大切にして療育をしています。
療育とは、障害のある子どもの発達を促し、自立して生活できるように援助する取組みです。
星とたんぽぽでは、2歳から就学前の自閉スペクトラム症の子どもたちが午前、午後に分かれて1日に10人程度通っています。


1.入口の看板入口の看板

 

のっぷ:
療育とはどんなことをするのですか?

渡邊さん:
子どもたちはここへ来たら時間割があり、「先生とおべんきょう」「友達を交えたおべんきょう」などをします。始めは先生と一対一で取組み、できるようになったら友達と一緒に取り組んでいきます。
療育ではそれぞれの発達段階に合った個別支援計画を作っており、そのなかで社会性、コミュニケーションの取り方、認知、基本的生活習慣の自立などを学んでいきます。個別支援計画は家庭とその子が通っている幼稚園・保育園で共有しており、連携してお子さんへの支援を行っています。

2.こどもの様子
子どもの様子

 

のっぷ:
療育の様子を見学させてもらいました。手作りの教材がたくさんありますね。

渡邊さん:
子どもたちの課題を、子どもたちがもっとやってみようと意欲を持てる教材を手作りしています。



これは気持ちのレベルシートという教材で、相手の気持ちを想像する指導に使います。
一緒にいる友達の気持ちを想像して気持ちのレベルシートで表し、本当はどんな気持ちか相手に聞いてみることでそこにあるズレを認識し、視覚的に相手の気持ちを理解していきます。


3.気持ちのレベルシート
気持ちのレベルシート

 


これは自分の要望を伝えるときに使う教材です。
何をどうしたいかということをカードを使って伝えることができます。
最初はやり方がわからなくてパニックになってしまう子も、環境を整え、一緒に取組んでいくことで、できるようになっていきます。この「できた」ということを積み重ねていくことが自己肯定感につながっていきます。


4.自分の要望を伝える為の教材 
自分の要望を伝えるための教材

 

のっぷ:
一人ひとりの特性に合った個別の支援をしているんですね。

渡邊さん:
最終的には小学校へ入学する際に持っていく「サポートブック」を作ります。
サポートブックにはその子がどんな障害特性や得意な学び方があり、どんなことができるか、苦手なことはどうやったらできるかなどが細かく書いてあります。このサポートブックは親御さんが主体で作り、その子のいいところをたくさん書くようにしています。自分にはこんなにたくさんいいところがあるんだという自己肯定感を持って暮らしていけるために、また、親御さんにとっても子どもと豊かに暮らしていくための大切な一冊となっています。


5.サポートブック
サポートブック

 

正しい理解を広める

のっぷ:
その他にはどのような活動がありますか?

渡邊さん:
通っている子どもの親や卒所したこどもの親が語り合う「親の会」の場を設けています。子育ての悩みを共有したり、卒所した後の子どもの様子を知ったりすることで子育ての不安を軽く、前向きなものにしていけるようにするための活動です。
また、自閉スペクトラム症を主とする発達障害への正しい理解を広めるための講演会の開催もしています。正しい理解が広まることが子どもへの正しい支援につながっていきます。今後は地域の中で子どもとその家族がイキイキと過ごせるよう、地域とも連携していきたいと考えています。

 

人生を自分らしく豊かに暮らしていけるように

のっぷ:
最後に、活動への思いを教えてください。

渡邊さん:
私たちはお子さんの様子をしっかり観察して、「わかる」「できた」「楽しい」を積み重ね、自立につなげていきます。自立のためには、全て自分でできるようになるのではなく、できないことや、わからないことは相手に「手伝って」「おしえて」が伝えられることで助けてもらいながらできるようになることも大切なことだと考えています。
星とたんぽぽの支援は就学までですが、それがゴールではなく、子どもが人生を自分らしく豊かに暮らしていけることを願って活動しています。

6.お話を伺った所長の渡邊好子さん
お話を伺った所長の渡邊好子さん

 

 

それぞれの子どもの良いところをみつけ、育てていく大切な取組みだね。

 

 

NPO法人星とたんぽぽ

住所

岡山市北区田中148-101 クレール長瀬101号

連絡先

電話番号:086-236-8808

 

ありがとうございました。次はどちらの法人におじゃましようかなぁ。

 

矢印(ひだり)前の記事へ 一覧へ 次の記事へ矢印

ページトップへ戻る