情報たから箱サイトへ

  • 文字サイズ・色合いの変更
  • English
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • ???

ホーム  > イベント情報  > (11/18〆切)Living #4「SDGs勉強会 - これからの教育を過去から考えよう」【SDGsネットワークおかやま若者部会】

ここから本文です。

(11/18〆切)Living #4「SDGs勉強会 - これからの教育を過去から考えよう」【SDGsネットワークおかやま若者部会】

更新日:2020年11月13日

開催日時 2020年11月19日(木曜)19時00分から20時30分
開催場所 Zoomによるオンライン開催
内容

 

◆―◇―◆―◇―◆―◇―◆―◇―◆―◇

 Living(メゾン・ド・スノウ定例会) #4

――――――――――――――――――

<今回の企画者>

森分志学(もりわけ しがく)さん

NPO法人だっぴ 代表理事
1990年、岡山県倉敷市生まれ。岡山大学大学院教育学研究科卒業。卒業後は、教育系の広告代理店に勤務し、2017年に岡山にUターン。NPO法人だっぴでは、中高生・大学生を対象に、キャリア教育プログラムを岡山県内外12市町村20校以上の学校で展開。コロナショックをきっかけに、小中学生を対象にしたオンラインの学習支援も実施中。

◆―◇―◆―◇―◆―◇―◆―◇―◆―◇

 

教育というテーマについて、よく言われることがいくつかあります。

「教育はその成果が分かるまで時間がかかる。」
「教育は誰しも経験していることなので、何となく語れる。」

今回は、このよく言われる2つの要素を掛け合わせて、参加者の皆さんとワークをしていきたいと思います。

例えば、僕の場合は、いわゆる“ゆとり教育”を受けてきた世代ですが、30歳という現在地から学生時代を振り返ることで、過去の学びの経験の中で、今の自分に生かされているものは何かを抽出することができるのではないかと。

教育もまた、ネガティブニュースで溢れていたり、まるで全てを変えた方がよいかのように語られることもあります。一方で、過去を振り返って、良い伝統を継承していくというプロセスもまた大切なのではないかと思います。

今の自分から過去を見つめて、「自分が受けてきた教育にはどんな価値があったのだろう」をみんなで共有しながら新たな発見があれば面白いなと思います。

そんな、過去をポジティブに振り返りながら、これからの教育を考えることにつなげていくことを目指した機会です!

初めての方も参加できる「ゆるく対話する場」です。
お気軽にご参加ください!

 


内容
①イントロダクション
②参加者自己紹介
③ワーク「それぞれの教育を振り返ろう」
④ワーク「これからの教育を考えよう」

 

講師・出演者
NPO法人だっぴ  代表理事 森分志学(もりわけ しがく)さん

 

開催日時
2020年11月19日(木)19:00~20:30
 ※希望者のみ自由交流 最長21:00まで

 

開催場所
オンライン(Zoom)
お申込みいただいた方に開催前日を目途にURLをお送りします。

 

主催者
SDGsネットワークおかやま若者部会

 

料金
無料

 

対象
主に教育に関心のある20歳~30歳

 

申込
申込フォーム(https://bit.ly/2rql0bb)よりお申し込みください。

 

締切
11月18日(水)17時まで

 

料金 無料
申込み 必要
URL

申し込みフォーム別サイト

Facebook別サイト

お問い合わせ・連絡先

SDGsネットワークおかやま若者部会
(通称:Maison de SNOW - メゾン・ド・スノウ -)
E-mail:sdgs.okayama.youth@gmail.com

イベント情報の一覧を見る

2021年4月

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  • よくある質問
  • 活動PR
  • 認証申請中のNPO法人
  • NPO法人をつくりたい
  • NPO法人を運営するには
  • NPO法人の提出書類
  • サイトへの情報掲載

ページトップへ戻る