情報たから箱サイトへ

  • 文字サイズ・色合いの変更
  • English
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • ???

ホーム  > みんなの活動紹介  > いきいき社会貢献  > その1【岡山旭東病院】

ここから本文です。

その1【岡山旭東病院】

更新日:2018年12月18日

「いきいき社会貢献」では、のっぷとティアが社会貢献活動に取り組む岡山の企業を取材します。第一回は、一般財団法人操風会 岡山旭東病院(以下、岡山旭東病院)におじゃましました!
なお、内容は取材当時のものです。

岡山旭東病院


 

病院の入り口に、モニュメントがあったよ!
すごくおしゃれでびっくりしちゃった!

のっぷ



岡山旭東病院には、「パッチ・アダムスホール」という150名を収容できるホールがあります。このホールでは、2002年から継続してユニークな教室が開催されています。
その名も「おかやまあかいはな道化教室」。
病院で活動する臨床道化師(クリニクラウン)塚原成幸さんを招き、年に5、6回開催されています。

 

ポイント1:地域にひらかれた学びの場「おかやまあかいはな道化教室」

 

     
のっぷとティア
    「おかやまあかいはな道化教室」の様子

 

臨床道化師(クリニクラウン)とはアメリカの医師パッチ・アダムス氏が始めた取り組みで、その活動の輪は世界中に広がっています。
ピエロの姿をしたクリニクラウンが病室をまわり、ユニークな遊びやコミュニケーションを通じて患者さんの笑顔を咲かせます。
岡山旭東病院の土井院長はその活動に感銘を受け、クリニクラウンを岡山旭東病院に取り入れるとともに地域にひらかれた「おかやまあかいはな道化教室」を始めたのです。

教室では体を動かしながら、ユーモアで人を楽しませる道化の心を学んでいきます。医療の現場で働く人だけでなく、学校の先生や主婦など様々な世代や職業の人が参加しています。
学校の先生が、参加する前より子どもたちの笑いを引き出せる授業を行えるようになる等、生活の中に教室で学んだ道化の心が自然と活かされているのだそうです。

その人らしい笑顔を引き出す


岡山旭東病院院長の土井章弘さん

岡山旭東病院院長 土井章弘さん

「岡山旭東病院では、笑いとユーモアで人の自然な笑顔を引き出す活動として、『クリニクラウン』や『あかいはな道化教室』を行っています。
その人らしい笑顔を引き出すことで、辛い時でも前向きな気持ちをめばえさせることができるのです。患者さんはもちろん、地域の人々からその人らしい自然な笑顔を引き出したいですね。」

ポイント2:「病院」という枠に留まらない、地域にひらけた空間づくり

清潔感のあるきれいな院内には、たくさんのアート作品が展示されています。
病院の中央に向かって廊下を進んでいくと、光あふれる温室「めだかの学校」や中庭、屋上庭園を中心に、美しい花々が訪れた人を楽しませます。岡山旭東病院では専属のガーデナーが花の手入れを行っており、心和むいやしの空間が一年中保たれているのです。

多目的ホール「パッチ・アダムスホール」では、音楽コンサートや地域のふれあいフェスティバル等、様々なイベント※を定期的に開催。「地域の人にも素晴らしい文化や芸術に触れていただきたい」という想いから、誰でも参加可能なイベントも開催されています。また、地域にある障がい者の作業所でつくられたクッキーが病院内で定期的に販売されています。


※岡山旭東病院で開催されているイベントは、イベントカレンダーでも紹介しています。


     
光あふれる温室
    パッチ・アダムスホールで行われたコンサートの様子

 

その他にも、「病院」という枠に留まらない地域にひらけた空間づくりや活動を行っており、2014年には全国で28社が選ばれた、経済産業省の「平成25年度おもてなし経営企業選」の一つに認定されました。
今後は、病院内の食堂をリニューアルして、元気の源となる病院食の質の向上に取り組むほか、地域の方も参加できるヘルシーな料理教室を開催していきたいとのことです。

 

岡山旭東病院で働く人の声:「職員が共に学び、共に育つめだかの学校」


岡山旭東病院で働く前田早穂子さん

岡山旭東病院 前田早穂子さん

「岡山旭東病院は、『職員が共に学び、共に育つめだかの学校』を目指しています。みんなでともに学びあう病院です。
そのシンボルとして、院内の温室『めだかの学校』で、めだかを飼育してるんですよ!
訪れた際には、そーっとのぞいてみてくださいね!」


まとめ:「地域に頼りにされる企業であろう」

土井院長は「地域に頼りにされる企業であろう」と言われます。岡山旭東病院の社会貢献活動は、社会のために行う特別な活動ではなく、地域に頼りにされる病院をめざし、「人を元気にする」という病院の持つ本来の機能の延長線上にとても自然にあるものでした。また「共に学び、共に育つ」という病院理念が、自然に地域への社会貢献につながっている
のだなと思いました。

岡山旭東病院は、新しい病院の形として、文化・芸術だけでなく、いやし・笑い・ユーモアを地域の人々に届けていくよ!
これからの活動に目が離せないね!

ティア



住所

岡山市中区倉田567-1 [地図

連絡先

電話番号:086-276-3231
ファックス:086-274-1028

ホームぺージ

岡山旭東病院(別サイト)

専門

脳神経外科、整形外科、神経内科、内科、循環器科、形成外科、
リハビリテーション科、麻酔科、放射線科、リウマチ科

 

 

次回は株式会社ハウジング山陽におじゃまするよ!お楽しみに!

のっぷ





なお「いきいき社会貢献」では、「取材にきてほしい!!」という企業を募集中です。
希望される方はお問い合わせフォームより、企業名、社会貢献活動の内容を添えてご連絡ください!

                                

   一覧へ  次の記事へ 

ページトップへ戻る