ホーム  > 協働の活動  > ひろがる協働 ~岡山連携中枢都市圏の取組~  > 市民活動ノウハウ移転支援

ここから本文です。

市民活動ノウハウ移転支援

更新日:2018年04月05日

市民活動団体の持つ課題解決のノウハウを、他の市町で活動する団体へ伝えていきます。

事業内容

  • 市民活動団体の持つ課題解決のノウハウを各自治体で活動する団体へ移転し実施することに対する支援

見込まれる効果

  • 課題解決を行う主体的な市民活動の広域展開が促進される。
  • 市町の区域を越えて地域の課題解決を図る協働のパートナーの増加につながる。

岡山市の役割

  • ニーズ調査及び支援制度設計に向けた協議と移転支援事業の実施

連携市町の役割

  • ニーズ調査への協力及び支援制度設計に向けた協議

    (連携市町:玉野市、総社市、瀬戸内市、赤磐市、真庭市、和気町、美咲町)

2017年度の取組

担当者会議の様子
担当者会議の様子

2017年10月に開催した担当者会議で、ノウハウ移転制度についての意義と方向性について、講師を招いて学習会を開催しました。
この事業では、各市町で課題解決のパートナーがいないという問題を解消するために、担い手となる人を育成し、育ったパートナーとの協働を支援していきます。
学習会では岡山市などで活動している団体やその取組を紹介し、各市町から関心を持った方法や実施したい課題についてご意見をいただきました。

 

ページトップへ戻る