情報たから箱サイトへ

  • 文字サイズ・色合いの変更
  • English
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • ???

ここから本文です。

官民協働事業の促進

更新日:2018年11月19日

各市町の市民団体等と行政の協働事業を促進するため交流会等を開催します。

事業内容

  • 市民団体等と行政の協働事業の実施及び交流会(事例報告会・研修会)等の合同開催

見込まれる効果

  • 課題解決を行う主体的な市民活動の広域展開が促進される。
  • 市町の区域を越えて地域の課題解決を図る協働のパートナーの増加につながる。

岡山市の役割

  • 広域での取組を視野に入れた「市民協働推進モデル事業」及び「ニーズ調査事業」の実施及び報告
  • 交流会等の開催

連携市町の役割

  • 官民協働事業の事例収集及び報告
  • 交流会等への参加又は岡山市との合同開催

    (連携市町:玉野市、総社市、備前市、瀬戸内市、赤磐市、真庭市、和気町、久米南町、美咲町)

2018年度の取組

ビフォーアフター報告会
ビフォーアフター報告会

2018年6月27日(水曜日)に岡山市で「岡山市市民協働推進モデル事業・ニーズ調査事業ビフォ→アフター報告会」を開催しました。連携市町からは2市3名の方に参加していただきました。

岡山市が2017年度に実施した官民協働事業について、実施した団体と行政担当課双方で、実施する前と後では何が変わったかという視点で行った報告会。各市町にある協働事業提案制度の今後の制度改善と、事業内容の充実につなげていきたいと思います。

2017年度の取組

モデル事業報告会の様子
報告会の様子

2017年6月29日(木曜日)に岡山市で「岡山市市民協働推進モデル事業・ニーズ調査事業報告会」を開催しました。連携市町からも4名の参加があり、事業の報告やパネル展示から活動を学びました。
この行政と市民団体による協働事業提案は、岡山市内や岡山県内を主な活動範囲としている団体を対象としていて、市町の区域を超えた課題解決の活動が期待されます。


 

2017年10月の担当者会議では、各市町の協働提案事業について事業提案制度についての情報の共有を図るとともに、制度の改善等につなげるためのアンケート調査を実施しました。

アンケート

 

 

ページトップへ戻る