ここから本文です。

平島・元気で輝き事業

更新日:2018年05月28日

本日は井戸端カフェの日です
毎月2か所で井戸端カフェを開いています!

平島校区
実施学区 平島小学校区
実施団体 平島健康福祉委員会(HKF)

 

課題と目的

今後更に少子高齢化が進む中で、平島学区に住む高齢者が安心して過ごせる地域をつくる事が、地域の大きな課題です。その為小地域ケア会議で検討を重ね、2016年度から、生活支援サービスや集う場づくり(井戸端カフェ)を通して地域住民の健康と福祉に寄与する事を目的とした事業を開始しました。
2017年度は2か所に増えた井戸端カフェは、高齢者だけでなく子どもたちも参加できるようにし、また各種団体で活動している方だけでなく、事業に関心を持っている個人にも声かけをして会員の拡大を図りながら、事業を継続・充実させていきます。(継続事業2年目)

主な実施事業

  • 地域の方々からの依頼に出来る限り対応した有償の生活支援サービスをおこなう。
  • 高齢者が気軽に出入りでき、健康体操やゲームなどをし、生活の中で困っていることなどを相談できるように、2か所の井戸端カフェの運営をおこなう。
  • HKF研修会(介護予防教室)を3か月ごとに開催し、健康維持や医療・介護保険制度などについて学びの場を作ると同時に、ストレッチ体操や脳トレもおこなう。
  • 年4回地域広報紙「HKFニュース」を発行し、地域のイベントや耳寄り情報を学区全戸に配布する。

 

 

のっぷの取材レポート メモとペン

2018年2月26日(月曜日)に生活支援サービス(100円/15分のチケット制)の活動の現場にのっぷもおじゃましてきました。支援内容は家の中や庭の清掃、買い物支援など多岐にわたっていますが、介護保険では出来ないサービスを行い、少しずつですが依頼件数も増えています。今回の業務は、自宅の清掃支援。普段はご自分でお掃除をされるそうですが、段差があるところや高いところは自分ではできないので助かっていますとのことでした。

 

生活支援サービスの様子
自宅の清掃支援中です(生活支援サービス)



顔見知りのご近所さんがサービスを行ってくれるので、「買い物は行けてるん?」「まだまだ寒いね」など、サービス中にちょっとしたおしゃべりも楽しめたようです。

今日は歌カフェです
今日は歌カフェ(井戸端カフェ)

 

平島健康福祉委員会(HKF)では月に一度、学区内の2カ所で井戸端カフェを開き、高齢者の方々が大勢おしゃべりに来られます。おしゃべりの中から生活支援サービスにつながり、利用を始めた方もいらっしゃいます。 また、研修として介護予防教室を開き、お年寄りの方々に役立つ講習を行い、みんなで健康ストレッチや体操をするなどしています。

 

みんなで健康体操
みんなで健康体操

研修会での寸劇、テーマは「認知症の応対」
認知症の応対を寸劇で(研修会)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDFファイルをご覧いただくには Adobe Reader が必要です。バナーをクリックしてAdobe Reader をダウンロードしてください。

ページトップへ戻る