情報たから箱サイトへ

  • 文字サイズ・色合いの変更
  • English
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • ???

ホーム  > 協働の活動  > 地域の協働  > 2017年度区づくり推進事業【地域活動部門】  > 御津獅子舞継承活動事業

ここから本文です。

御津獅子舞継承活動事業

更新日:2018年05月28日

獅子舞フェスタ当日の様子
獅子舞フェスタ当日の様子

御津学区
実施学区 御津・五城・御津南小学校区
実施団体 御津獅子舞継承活動実行委員会

課題と目的

獅子舞を子どもたちに指導し継承できる20代から40代の若者が年々少なくなってきており、保存会立ち上げ時点では12団体でしたが、現在は4団体に減り、御津獅子舞の伝統芸能継承が危ぶまれています。
文化遺産を継承していく事は今を生きている人の義務であり責任であるという理念の下、保存会では若手指導者の育成と獅子舞フェスタの開催を続けながら、伝統芸能継承事業を通して地域の活性化を目指します。

主な実施事業

  • 秋の獅子舞フェスタに向け、小・中学生の指導をおこない、同時に指導出来る方に一人でも多く参加してもらうよう呼びかけを行う。
  • 御津中学校の土曜カルチャースクールに参加し、中学生に獅子舞の実体験をしてもらい、演舞者の一人となってもらう。
  • 啓発活動(ポスター・チラシ等の作成と配布)

 

のっぷの取材レポート メモとペン

2017年11月5日(日曜日)に御津公民館と協働で「公民館まつりと獅子舞フェスタ」が行われ、のっぷもおじゃましてきました。ステージ発表では恒例の「獅子舞演舞」が行われましたが、今回は朝日塾中等教育学校の生徒さんたちが各地区の保存会に交じって演舞を披露しました。 御津出身の先生が、フェスタの事をよくご存じで、学生と地域の接点を探していて、学生(特に留学生)が日本の文化に興味を持っていたことなどの要因が重なって公民館祭りでの展示発表に出演することになったんだそうです。学生の皆さんは大変だったと思うけど、終わった後の表情には充実感が溢れていました。

朝日塾中等教育学校の生徒さんも参加しました
朝日塾中等教育学校の生徒さんも参加しました

土曜カルチャースクールの様子
土曜カルチャースクールの様子

伝統文化を広げ、担い手を発掘する機会を探っている保存会と地域や伝統文化に対する理解を深めたいと考える学校のどちらにとっても有意義な機会となった背景には、地域外の方や若者を積極的に受け入れたいという実行委員会の想いがあります。 そして毎年行っている御津中学校との協働活動である「土曜カルチャースクール」などを通して、御津の獅子舞は多くの人に支えられ、次の世代に引き継がれていく事が出来るんだなと感じました。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDFファイルをご覧いただくには Adobe Reader が必要です。バナーをクリックしてAdobe Reader をダウンロードしてください。

ページトップへ戻る