情報たから箱サイトへ

  • 文字サイズ・色合いの変更
  • English
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • ???

ここから本文です。

岡山市

更新日:2018年07月30日

未来へ躍動する桃太郎のまち岡山

岡山市の画像

DATA

人口:719,474人(平成27年国勢調査)
世帯数:309,409世帯(平成27年国勢調査)
担当窓口:市民協働局 市民協働企画総務課 市民活動支援室
電話:086-803-1061(直通)
メール:kyoudou@city.okayama.lg.jp
HP岡山市公式ウェブサイト 岡山市リンク

 

2016年4月1日に、市民と市役所の協働で「岡山市協働のまちづくり条例」を全面改正し、協働推進の施策が全面的に動き出したところです。同条例8条に規定された協働を推進する機関として「ESD・市民協働推進センター」を市民協働企画総務課となりに設置しています。センターでは「岡山市に事業提案したい」や岡山市職員からの「協働のパートナーとなるNPOを知りたい」などの相談を受け、市民と市役所をつなぎ、協働の取り組みを広げています。


市民活動支援室/藤原紀恵さん
ESD・市民協働推進センター/
高平亮さん

岡山市の協働の取組

「協働」とは、同じ目的のために、お互いを尊重し、対等の立場で協力して共に働くこと。多様な主体がそれぞれの自主性・自立性をもった地域の当事者としての取組を尊重しながら、知恵と力を最大限に生かし、地域の社会課題解決のために共に取り組んでいくことで、豊かで活力ある持続可能な地域社会を実現することを目指します。


岡山市では、そうした多様な主体の協働による課題解決の取組を進めていくために、多様な主体の出会いの機会をつくるとともに、課題解決を考える場の提供や情報発信など協働のコーディネ―トを行う「ESD・市民協働推進センター」を中心に協働推進施策を進めています。
また、中学校区に一館ある公民館を地域の協働の拠点として位置づけ、地域での課題解決のコーディネートを行います。


ESD・市民協働推進センター

ESD・市民協働推進センター多様な主体による
課題解決ワークショップを開催しています

協働のまちづくり条例第8条に規定されたコーディネート機関。人材育成、情報共有、交流機会の創出、社会課題解決のための取組の推進などを行います。
ESD・市民協働推進センターの取組はこちらから。


市民協働推進モデル事業

岡山市にある社会課題の解決を官民協働の手法ですすめるため、協働によってより効果的に課題解決がすすむ事業を公募し、実施しています。
市民協働推進モデル事業詳細はこちらから。


区づくり推進事業

区民が主体的に企画・運営する活動に対して、その活動資金の一部を補助する制度です。
地域の特色を生かした交流イベントを対象とする(1)身近な交流部門と(2)広域交流部門、そして課題解決のための継続的な活動を対象とする(3)地域活動部門の3つの部門があります。
区づくり推進事業(地域活動部門)詳細はこちらから。


安全・安心ネットワーク事業

自分たちの地域を、自分たちの力で自ら進んで守り育てるために、小学校区・地区単位の各種地域団体やグループの人たちが幅広く連携し、防犯、防災、環境美化、地域福祉、健康づくりなどの地域活動を行い、困っていることの解決や活動のよろこびを分かち合う取り組みを行う組織です。
岡山市では、全96学区・地区で安全・安心ネットワークが組織されています。
安全・安心ネットワーク事業詳細はこちらから。


岡山市の課題

【岡山市】2014年度市内企業における女性管理職の割合は、9.9%

2018年2月23日

女性管理職2014年度の岡山市女性が輝くまちづくり調査の企業アンケートでは、回答企業における女性管理職の割合は、9.9%でした。女性管理職を増やすための取組について、既に取り組んでいる企業は、13.5%と少なく、従業員規模別では、従業員が少ない企業ほど取り組んでいる割合が低くなっています。…(続きを読む

【岡山市】2017年衆議院議員総選挙(小選挙区)における岡山市の投票率は46.81%でした。

2018年2月20日

選挙選挙の投票率が全国的に低下傾向にあるといわれている中、2017年衆議院議員総選挙(小選挙区)における岡山市の投票率は46.81%でした。全国平均の53.68%を6.87%下回り、岡山市の投票率の低下傾向を顕著に現わしています。政令指定都市20都市で比較した場合、最も低い投票率となった堺市の46.19%に次ぐ低い投票率であり、衆議院議員総選挙としては過去最低となりました。…(続きを読む

【岡山市】「ノラ猫に困っている」が66%

2018年2月20日

猫2017年度、岡山市内の単位町内会長(1724人)に対して「所有者のいない猫(ノラ猫)」について調査を実施し、1188人(回答率68.9%)から回答が得られました。調査結果から、「ノラ猫で大変困っている。(20%)」「少し困っている。(46%)」と全体の60%以上の地区において、ノラ猫による環境被害等が発生していることがわかりました。…(続きを読む

【岡山市】2015年度末、岡山市内における町内会加入率は「82%」でした。

2017年3月24日

町内会2015年度末、岡山市内における町内会加入率は82%でした。10年程前には90%近くあった加入率が年々減少しているという状況です。町内会とは、それぞれの地域における身近な問題を共同で解決し、会員相互の親睦を図りながら、住みよい豊かな地域づくりを目指して活動する住民による自治組織です。町内会は、地域に住む人々が民主的な運営の下に自主的に活動していく組織です。…(続きを読む

【岡山市】2016年の岡山市への転入超過者数は「523人」でした。

2017年3月15日

移住定住先の東日本大震災以降、自然災害が少なく「安全・安心」であることを理由に、移住先として岡山市の認知度が高まりました。人口の東京圏一極集中、地方の人口減少という全国的な流れの中、岡山市も2020年をピークに人口減少に転じると推計されていることから、人口減少対策の一つとして、移住・定住の促進に積極的に取り組んでいます。…(続きを読む


 

 

 

「ひろがる協働」へ戻る

ページトップへ戻る