ホーム  > 協働の活動  > 岡山の課題発見コーナー  > 【岡山市】2015年度末、岡山市内における町内会加入率は「82%」でした。

ここから本文です。

【岡山市】2015年度末、岡山市内における町内会加入率は「82%」でした。

更新日:2017年03月24日

課題(町内会)

2015年度末、岡山市内における町内会加入率は82%でした。
10年程前には90%近くあった加入率が年々減少しているという状況です。

町内会とは、それぞれの地域における身近な問題を共同で解決し、会員相互の親睦を図りながら、住みよい豊かな地域づくりを目指して活動する住民による自治組織です。町内会は、地域に住む人々が民主的な運営の下に自主的に活動していく組織です。

2016年度に岡山市内の全1,723町内会に実施したアンケート結果では、町内会運営における問題点として「住民・役員の高齢化」、「役員のなり手がいない」、「住民の関心の低さ」という順番で高い割合となっていました。

加入率減少の原因は、マンション等集合住宅の増加などさまざま要因が考えられますが、このアンケートでは、「周囲と関わりたくない」、「町内会加入にメリットがない」、「役員をやりたくない」等、住民意識の変化も指摘されています。

町内会運営について見直すとともに、まずは一人一人が地域に対して関心を持つことが大切だと思います。

 

岡山市 市民協働企画総務課

 

 

岡山の課題発見コーナーへ

ページトップへ戻る