ホーム  > 協働の活動  > 地域の協働  > 2016年度区づくり推進事業【地域活動部門】  > 【高野尻村をつくろうプロジェクト】

ここから本文です。

【高野尻村をつくろうプロジェクト】

更新日:2017年02月23日

高野尻村をつくろうプロジェクト

三葉 高野尻村をつくる会

目指す目的

高齢化の進んだ高野尻地区に地域の資源を生かして村を設立、色々な講座を開き、都市部から人を招き入れ高野尻の活性化を図ると共に、都市部の住民に山間部の魅力を理解してもらう。

主な実施事業

  • 高野尻村の開設事業
  • 村まつり事業
  • 来村者への遊び場、農園体験整備
  • おもてなしガイド事業

2016年10月22日(土曜日)、高野尻村をつくる会が開いた「村の遊び場を作ろう」事業に参加してきたよ。

取材するのっぷ

破竹でつくったすべり台完成
破竹でつくった滑り台完成!

高野尻町内の方、町外の協力者の方が集まってできた「高野尻村をつくる会」。話し合いを重ね、高野尻地区の村役場となる「高野尻テラス」の運営体制や、高野尻村の事業の方針が決まり2016年9月ついに活動がスタートしました。
事業の一つである、子どもたちに楽しんでもらう「遊び場づくり」の整備。 この日は、ビニールでかまくらをつくったり、町内で立派に育った「破竹」を切り出し、運搬・加工し、「竹の滑り台」や鉄棒ならぬ「竹棒」を製作したりしました。

 

完成すると早速、子どもたちだけでなく大人たちも、まだ竹の香がする滑り台や竹棒で遊んでいました。 今後、「いもほり」「鵜飼おばあちゃんの漬物づくり」や「餅つき」など魅力的な活動が待っています。

 

少しずつ会員が増えて、村が賑やかになっていけばいいね!

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDFファイルをご覧いただくには Adobe Reader が必要です。バナーをクリックしてAdobe Reader をダウンロードしてください。

ページトップへ戻る