情報たから箱サイトへ

  • 文字サイズ・色合いの変更
  • English
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • ???

ホーム  > 協働のまちづくり条例をいかそう!  > 岡山市協働推進計画  > 基本施策及び具体的な取組その3(基本施策8から基本施策13)

ここから本文です。

基本施策及び具体的な取組その3(基本施策8から基本施策13)

更新日:2018年07月30日

基本施策8:地域の社会課題解決に関する取組を支援する情報の提供(第6条)

地域の社会課題解決の取組を支援する民間の情報や市の施策を収集・発信します。

支援情報の収集・発信

市民協働推進ポータルサイト「つながる協働ひろば」で助成金・補助金情報を発信

 

基本施策9:協働の視点での施策の見直し、実行、効果の検証(第9条)

市は、市民協働推進本部が中心となり、施策立案にあたり、多様な主体による協働で実施できるかどうか検討するとともに、現行施策についても協働の視点による見直しに努めます。また、協働により実施した施策について、協働した多様な主体とともに、評価・検証を行います。

多様な主体との協働による市の施策の推進

各課の協働施策実態調査の実施

協働推進員等職員の市民協働推進に関する研修の実施(協働フォーラムへの参加を含む)

協働推進リーフレット(協働事例等含む)の作成

 

基本施策10:官民協働のモデルとなる事業の指定と支援措置(第7条)

市と協働することで、より効果的に地域の社会課題が解決できると認められる取組をモデル事業として指定し、支援を行うとともに、評価及び成果の発信と共有を行います。

市との協働でより効果を高めることができるモデルとなる事業の指定と支援措置

補助金の交付による市民協働推進モデル事業の実施・評価

ESD・市民協働推進センターによる市民協働推進モデル事業の支援

市民協働推進モデル事業報告会の開催と事業の成果・課題の発信

 

基本施策11:市に対する協働による地域の社会課題解決の提案(第10条)

多様な主体が市に対して行う地域の社会課題解決の提案を受けて、市は、ESD・市民協働推進センターと連携し、協働の取組につなげるよう努めます。

多様な主体からの市への協働提案制度の活用

市民等からの協働提案制度の運営

解決したい地域の社会課題についての個別協議の場の設定

 

基本施策12:協働による優れた地域の社会課題解決に関する取組の表彰(第6条)

協働による地域の社会課題解決の取組のうち、優れた取組を表彰することで、活動を支援するとともに、活動を広げていく機会とします。

表彰制度「おかやま協働のまちづくり賞」の新設・普及

優れた取組の表彰

表彰された取組の周知広報

 

基本施策13:条例及びそれに伴う施策の啓発(第13条)

条例が市民に浸透し、具体的な取組につながるよう、条例とそれに伴う施策の啓発を行います。

条例の普及促進

協働推進リーフレット(協働事例等含む)の作成

市民協働ポータルサイト「つながる協働ひろば」での情報発信

協働を広くPRする啓発イベントの開催

市民協働フォーラムの開催

 

 

 

 

岡山市協働のまちづくり条例をみんなで活かそう!!に戻る

協働の未来を考える「岡山市協働推進計画」に戻る

ページトップへ戻る