ホーム  > ボランティア活動  > ボランティアを募集したい  > ボランティア受け入れガイド~ボランティアを募集してみよう~

ここから本文です。

ボランティア受け入れガイド~ボランティアを募集してみよう~

更新日:2017年11月20日

車椅子を押すのっぷボランティアを募集してみたいと考えていらっしゃる団体のみなさま!
「ボランティアを募集してみたいけれど、どうしたら良いのかわからない…」とお困りではないでしょうか? このコーナーでは、ボランティア募集・受け入れの基本的な流れや準備事項ポイントを紹介することで、皆さまの「ボランティア受け入れ」を応援します! 
「ボランティア」が皆さまにとってより有意義な体験となるよう、ぜひお役立てくださいね。

もくじ

 

STEP1プログラム構築
STEP2募集
STEP3事前準備
STEP4受け入れ当日

そもそも、ボランティアってなに?

 ボランティアとは、「自主性(自発性)」「無償性」「社会性」「先駆性・創造性」の4つの理念のもとに、「自らの意思で、他人や社会のために行う非営利の活動」。つまり、「誰かの役に立ちたい!」という意思によって成り立っているのがボランティア活動です。

「お客さん」ではないし、単なる「労働力」でもない。自分の意思で活動してくれるボランティアは、「対等な仲間」です。お互いに意見を言い、高め合える関係になることができれば素敵ですよね。

ボランティアの基本については、「For ボランティアビギナーその1(ボランティアの理念とポイント)」も参考にご覧ください。

 

ここからは、具体的なボランティア受け入れの流れを紹介していくよ!

ボランティア受け入れSTEP1 プログラム構築

プログラム

 アイコン 受け入れの目的を考え、ボランティアの役割を明確に!

最初のステップは、何の為にボランティアを受け入れるのか、組織の中できちんと確認すること。スタッフやアルバイトとは違う、「ボランティア」の役割をはっきりさせ、ボランティア受け入れを通して目指すことをはっきりさせておきましょう。
役割が決まっていないと、当日ボランティア参加者が何をすればよいかわからない、というトラブルも起こりがち。何をお手伝いして欲しいか、具体的に考えておくのがポイントです。

 アイコン ボランティア活動の魅力を確認!

参加者の意思によって成り立っているボランティアだからこそ、活動の「魅力」をしっかり確認しておくことが大切です。例えば、「子どもたちと楽しく交流できる」「福祉関係の知識や技術を磨くことができる」「動植物にふれて癒される」などなど、活動内容によってメリットはさまざま。有意義なボランティア体験をしてもらえるよう、活動を通して何が得られるのか、事前に確認をしておきましょう。

 アイコン ニーズを検証し、プログラムを構築!

スタッフのニーズ、利用者のニーズ、ボランティア参加者のニーズ。そのどれかに偏るのではなく、そのニーズが重なった部分にプログラムを構築するようにしましょう。

STEP2チャート


ニーズとは、例えば上記のようなもの。上手く合致するプログラムが組めれば、ボランティア参加者も施設利用者も楽しめる、素敵な活動にすることができますね。

icon_kirakiraのっぷの1POINTアドバイス

のっぷ

活動プログラムの以下の項目についてにまとめておくと便利!言葉にしてまとめることで考えを整理できるだけでなく、次のステップ「募集」にも役に立つよ。

  • 具体的なボランティア活動内容
  • こんなボランティアさんにおすすめ
  • このボランティア活動の魅力はここ!
  • 基本事項(活動日時、場所など)
STEP1まとめ
  • ボランティアの役割を明確に決めておこう!
  • ボランティア活動の「魅力」を考え、有意義な体験にしてもらおう!
  • ニーズに合ったプログラムを構築し、言葉にして整理しよう!

 

ボランティア受け入れSTEP2 募集

STEP2

 アイコン 募集用紙やチラシを活用して周知!

ボランティア募集には、特別なルールがあるわけではありません。次のような方法を活用して、どんどん告知をしていきましょう。

  • 支援機関を通して告知(ゆうあいセンター、岡山市社会福祉協議会など)
  • 高校や大学の相談窓口を通して告知(ボランティアセンターなど)
  • ウェブサイト、SNS、広報誌、掲示板などに掲載
  • 地域の回覧板、商店などで告知させてもらう
  • 口コミを活用

プログラムを整理しておくと、募集情報の掲載やチラシの作成もスムーズですね。すでにボランティアに来ていただいている方がいる場合、その方に新たな参加者を紹介していただくのも有効な方法です。

icon_kirakiraのっぷの1POINTアドバイス

のっぷ

「つながる協働ひろば」からも、ボランティア募集を呼びかけることができるよ。
サイトへの情報掲載」ページの規約を確認し、「ボランティア募集情報掲載申請フォーム」に必要事項を記入してね。「ボランティア募集」として掲載するよ。他にも、「ゆうあいセンター」ウェブサイトにも募集ページがあるよ。

STEP2まとめ
  • 募集内容を明確にまとめて周知!
  • 「つながる協働ひろば」にも掲載して募集できる!
  • 「ゆうあいセンター」ウェブサイトのボランティアページからも募集できる!

 

ボランティア受け入れSTEP3 事前準備

STEP3

 アイコン 組織の中で情報共有を!

当日を迎える前の大切な準備として、組織の中でボランティアに関する情報を共有することが挙げられます。ボランティアが到着された際、現場に入る際、担当スタッフ以外の方が指示をする機会も多々あるはず。ボランティア参加者やプログラムについて、組織の中できちんと情報共有ができていれば、気持ちよく迎え入れることができますね。

 アイコン 双方の理解のために必要な書類の準備を!

双方のコミュニケーションツールとして、ボランティア登録用紙を書いてもらうことも大切です。用紙の内容としては、

  • 氏名、連絡先などの基本情報
  • ボランティア参加希望日時
  • 希望する活動内容、動機

など、確実に連絡を取るための基本情報からニーズまで大まかに把握できるものが理想です。決まったフォーマットを一度用意しておくと便利ですね。その他にも、ボランティア当日の流れを説明する資料、必要なら誓約書などを準備しておきましょう。

 アイコン 参加者と事前のコミュニケーションを!

可能な限り、顔を合わせて面談・オリエンテーションをしておくことが大切です。

  • ボランティア活動プログラム(当日の流れなど)
  • ボランティア登録用紙
  • ボランティア誓約書(個人情報・機密事項の扱いなど決まり事の確認)

面談時に一式お渡しして、必要書類は記入してもらうという流れができればスムーズですね。事前にしっかりコミュニケーションを取っておくことで、お互いに安心して当日を迎えることができます。ボランティアが専門的な内容の場合は、加えて事前に研修を設けることもあります。

 

icon_kirakiraのっぷの1POINTアドバイス

のっぷ 

「無償」が基本のボランティアだけれど、交通費や昼食などをどうするかは、受け入れ側で判断できるよ。認識のずれが生じやすい部分でもあるので、事前に双方で合意を取っておくのがおすすめ!

STEP3まとめ
  • 組織の中で情報共有し、当日あたたかく迎え入れよう!
  • 必要書類を準備しながら、事前のコミュニケーションを密に取っておこう!

 

ボランティア受け入れSTEP4 受け入れ当日

STEP4

 アイコン あたたかい雰囲気を作る!

いよいよ当日。不安があると良い活動ができないので、あたたかく迎えることが大切です。最初に、スタッフや利用者に紹介して、活動しやすい・質問しやすい雰囲気を作りましょう。スタート時、終了時はもちろん、休憩の際など必要に応じて声かけをすることも大切です。

 アイコン 感謝の気持ちを具体的に伝える!

ボランティアは自らの意思。その意思を持続させるためには、ボランティアを当たり前と思わず、毎回感謝の気持ちを伝えることが重要です。その際、ただ「ありがとう」というのではなく、「○○をしてくれたおかげで■■になって助かりました」と具体的に言うと、フィードバックになって次回からの活動にも活かしていただけますよ。

 

icon_kirakiraのっぷの1POINTアドバイス

のっぷ 

継続して活動を続けていただくために、振り返りや交流の機会を持ったり、カードを送ったりして、モチベーションを上げるための支援を行う組織も。お互いに楽しく活動できる関係が、長く続くと良いね。

STEP4まとめ
  • 良い活動になるようあたたかい雰囲気作りを!
  • 感謝の気持ちを忘れず、具体的に伝えよう!

 

困ったときは、ここに相談!

ボランティア受け入れに関するご相談は、下記の窓口で受け付けています。担当職員が丁寧に対応しますので、安心してお越しください。電話やメールによる相談も受け付けています。

ゆうあいセンター

ゆうあいセンター2

ボランティアさんが来てくれると、新しい出会いがあり、新しいアイディアが出るので楽しいですよ! 難しく考えず、まずは一歩踏み出してみませんか? お気軽にご相談ください。

 

  • 郵便番号:700-0807 岡山市北区南方2-13-1 岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館2階 
  • 電話番号:086-231-0532 
  • ファックス番号:086-231-0541 
  • メールアドレス:youi@okayama-share.jp 
  • ウェブサイト:http://youi-c.okayama-share.jp/

 

社会福祉法人岡山市社会福祉協議会 ボランティアセンター

岡山市社会福祉協議会

貴重な時間を割いてくれているボランティアさんに感謝の気持ちを忘れず、コミュニケーションをしっかり取れば、きっと良い活動になりますよ。ボランティアさんの紹介もできるので、ぜひ相談してくださいね。

 

  • 郵便番号:700-0913 岡山市北区大供2-4-25 
  • 電話番号:086-222-8619
  • ファックス番号:086-238-7757 
  • メールアドレス:volunteer@okayamashi-shakyo.or.jp
  • ウェブサイト:http://www.okayamashi-shakyo.or.jp/

 

ページトップへ戻る