ホーム  > 協働の活動  > 地域の協働  > 2016年度区づくり推進事業【地域活動部門】  > 【「やさしく走ろう京山」運動の推進】

ここから本文です。

【「やさしく走ろう京山」運動の推進】

更新日:2017年02月23日

交通安全教室

三葉 岡山市京山地区ESD推進協議会

目指す目的

京山地区は地域課題である「自転車マナー」問題について「やさしく走ろう京山」運動を広げていく事により解決を目指す。またこの取組について岡山市のモデルになる様に実績を重ねていきたい。

主な実施事業

  • 伊島・津島小学校、京山中等、地域内高校との懇談会
  • 啓発プレートの作成
  • 「地域の絆プロジェクト」全戸配布
  • 各種マスコミを通じて広報活動をすすめる

 

2016年6月3日(木曜日)に津島小学校で「交通安全教室」が開かれ自転車マナーについて学び、「自転車マナー」啓発プレートの贈呈式にのっぷもおじゃましてきました。

取材するのっぷ

津島小学校の校庭では警察署の方々の指示のもと、小学校4年生の皆さんが各自自分の自転車を持ち込み、運動場に描かれたコースをルールを守って運転していました。
コースの中には、信号機のある交差点やカーブのある道路、駐車中の車があったりと、実際の道路と同じような環境で子ども達は交通安全について学ぶことができました。

交通ルールについて学ぶ

子ども達に説明する江國委員長

ESD推進協議会からは自転車に取り付けることができる「啓発プレート」を渡してもらい、お互いを思いやる自転車マナーの向上を約束しました。
ESD推進協議会の江國委員長や吉本運営委員によると「子どもの頃に自転車マナーを習得すると体が覚えているので、一生忘れない。そして周りに配慮できる運転を身につける事が出来る。」とのことでした。

子ども達はみんな自転車の安全運転を学んでいるよ

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDFファイルをご覧いただくには Adobe Reader が必要です。バナーをクリックしてAdobe Reader をダウンロードしてください。

ページトップへ戻る