このページの本文へ移動

#36 娘を変えた素敵なできごと~チャレンジハートキャンプに参加して~

公開開始日:2013年10月22日

 

きかせてぽっけ

このコーナーでは、子育てに関するいろいろなアドバイスや経験談をご紹介しています。
専門家や子育ての先輩たちの声をきいて、明るく、楽しく、子育てしましょう。
みんながあなたを応援していますよ!

岡山市南区 T.T

チャレンジハートキャンプへの参加

みなさんのご家庭では、この夏子ども達とどのような夏休みを過ごされましたか?

我が家では、夏休み前に「これに行きたい~」と、娘が1枚の紙を持って私のところに来ました。
内容は、自然の中での冒険・挑戦体験をする6泊7日のキャンプです。カヌー・川遊び・シュノーケル体験・収穫体験・20㎞ウォーク・野外炊飯・テントでの宿泊など普段家族で行くキャンプでは体験できないことが盛りだくさんです。その名にふさわしいチャレンジハートキャンプ。
 
ただ心配だったのは、娘は家で遊ぶような楽しいイメージだけを抱いているのではないか?ということでした。3日間話し合った結果、娘の決心も固く参加させることにしました。
 
キャンプに参加する前日まで、一人では何もできないので本当に大丈夫だろうか?と、とても不安でした。
アレルギーがあるのでもしもの時はどう対処するのか、困ったときにはどうするのかなど数えきれないほど説明しました。娘はわかったのか、わかっていないのか、「行ってきます~」と振り返りもせず・・・。
 
私はというとキャンプ中も、「友達はできたかな?」「今の時間は何をしているのかな?」「夜は眠れたかな?」など、心配でいつもより時計を見る回数が増えていました。
 

 

娘の成長にびっくり

キャンプの4日目に日応寺から建部まで歩く20㎞ウォークというのがありました。
今年の猛暑の中では大人でも大変なのに、娘がちゃんとついて行けるか心配で、気づかれないようにこっそり見に行きました。
 イラスト
いつもなら、学校帰りに1㎞歩くのも「疲れた」というのに、笑顔で歩いている姿を見て安心しました。
昼過ぎには娘に気づかれてしまいましたが、私に向かって「そんなに心配しないで!みんながいるから大丈夫。そろそろ帰ってもいいよ。」って。私の心配は取り越し苦労で、娘は知らず知らずのうちにたくましくなっていました。
 
キャンプの後は、少しずつですが自分のことは自分でと努力していたり、言わなければできなかったお手伝いもしてくれるようになりました。
この夏のキャンプ体験は、娘を心も身体も成長させてくれた素敵な出来事になりました。
 

 

T.T(イニシャル)

岡山市南区在住の小学4年生のママ。T.Tさん

娘には、楽しく不思議な経験をたくさん積み、根をしっかりと張り、幹を太らせ、枝葉をのびのびと茂らせるブナの大木のように、時間をかけて心も身体も知恵も存分に伸ばしてほしいと思っています。

 

 

 

 

左向き矢印 前の記事へ 一覧へ戻る 次の記事へ 矢印