このページの本文へ移動

#33 絵本と一緒に笑顔と安心を届けにいきます

公開開始日:2013年09月10日

 

きかせてぽっけ

このコーナーでは、子育てに関するいろいろなアドバイスや経験談をご紹介しています。
専門家や子育ての先輩たちの声をきいて、明るく、楽しく、子育てしましょう。
みんながあなたを応援していますよ!

愛育委員協議会会長 好長シゲ子

身近な相談者“愛育委員”

生後4か月までの赤ちゃんのいる家庭を訪問する「こんにちは赤ちゃん事業」を愛育委員が実施するようになり、4年が経過しました。イラスト核家族化や少子化が進むなかで、子育てしているお父さんやお母さんたちが、地域で楽しく育児ができるように支援していこうと始まりました。
 
訪問していると、私たちの訪問を心待ちにしてニコニコ出迎えてくれる人がいます。また、「赤ちゃんがなぜ泣くのかわからない」、「母乳が足りているのかわからない」と不安そうに話す人もいます。しかし、悩みがあった人も、話をしていると少しずつ表情も和らぎ、笑顔になっていきます。
 
子育て中には、誰かに「大丈夫よ」と言ってもらえれば安心することもたくさんあると思います。その“誰か”が身近にいないことが現代の問題であるように感じます。
身近な相談者となれるよう、愛育委員も活動しています。ぜひ、いつでも声をかけてくださいね。

 

赤ちゃんは地域の輪をつなぐ架け橋

私たち愛育委員も相談を受けるだけでなく、その一方、訪問をすることでみなさんに元気をもらっています。

赤ちゃんは、見ているだけで自然と笑顔になる存在です。地域の人も同じではないでしょうか。赤ちゃんを連れて積極的に地域に出かけてみませんか。きっと、赤ちゃんを見て声をかけてくれる人がいて、その場に笑顔が生まれると思います。

また、子育てについて相談できる仲間をつくりましょう。地域の中には、赤ちゃんすこやか相談(育児相談)、おやこクラブ、子育て広場など、仲間づくりができる場所がいくつもあります。もし、「私の住んでいるところではどこにあるの?」と思ったら、愛育委員に声をかけてください。
 
私たち愛育委員も、誰もが安心して子育てできる地域をつくっていけるよう、今後も活動していきたいと思います。
 

 

好長 シゲ子 (よしながしげこ)

岡山市東区在住好長さん
昭和57年より可知学区の愛育委員を務める。
平成19年、岡山市愛育委員協議会長に就任し現在に至る。


~愛育委員会とは~
各小学校区・地区ごとに組織され、健康で豊かなまちづくりを目指すヘルスボランティア組織です。
こそだてぽけっと内の「こんにちは赤ちゃん事業~地域の愛育委員さんが訪問します~」のページでも紹介しています。

 

 

 

 

左向き矢印 前の記事へ 一覧へ戻る 次の記事へ 矢印