このページの本文へ移動

子ども虐待防止サポーターになろう!

公開開始日:2013年10月23日

子ども虐待防止サポーターってなあに?

子ども虐待の早期発見と防止のために、虐待の“今”を知って、子育て家庭を温かく見守ったり、親子に声をかけたりなど、無理のない範囲で子育て家庭を応援する方々のことです。

どんな人がサポーターになれるの?

どなたでもなることができますよ。地域のみんな
パパ、ママ、おじいちゃん、おばあちゃん、近所の人など、子どものまわりを取り巻く全ての大人たちが“子ども虐待防止サポーター”になれます!
そして、そんな社会をめざしています!

 

サポーター養成研修ってどんなことをするの? ―ぽっけ調査隊がゆく!―

ぽっけのイラスト  ふきだし
まずは「子ども虐待」について教えてもらったよ!
テキストもあってわかりやすいね♪
 ふきだし
けっとの顔  「岡山でも虐待ってあるのかな?」 「どこに相談したらいいの?」
いろんな質問にこたえてくれたよ。岡山の現状や、いざという時の方法を知ることって、とっても大事なことだね! 
 ぽっけの顔 それから、普段、誰もが感じるようなテーマにそって、参加者みんなと一緒に話しあったよ!
『子育てでしんどくなったとき、みんなはどうする? 何をしてもらったら、うれしいかな?』
研修の様子  研修の様子
 ぽっけの顔 ぼくだったら何ができるかな・・・
そうだ!お散歩で会ったときに、しっぽをいっぱい振りながら元気に「ワン!」って挨拶するよ!
 けっと そうそう、難しく考えなくて大丈夫。
子ども虐待のことを知って、無理なく自分にできることを考えて、とってもいい時間になったみたいだね!
 ぽっけの顔 楽しくお話しているうちに、あっという間に終わりの時間に。
参加者のみんなに感想をきいたよ☆
ライン
参加者の方 今回の参加者さん
左:妹尾公民館ほっとほっとネットワーク 高須さん
右:操明ゆうゆう広場 入江さん

パパやママたちに、身近に起こりうることとして知っておいてほしいですね。
子育てサロンで、ママたちのリアルなの話を聞きながら、虐待防止には何が必要なのか、一緒に話し合ってみようと思います!
女性の参加者 40代女性
もっともっと地域の親子に目を向けていこうと思った。ふつうの声かけ、あいさつはとても簡単な第一歩なので今以上にやっていきたいです。
男性の参加者 20代男性
今の自分にできることは、地域の子ども達と遊びやスポーツなどで関わっていくことではないかと思います!
女性の参加者 30代女性
子育てをしていく中で、虐待は紙一重だといつも感じています。母親の体調や気分次第で子どもにあたってはいけないと思いながらもついつい怒ってしまい、後で反省することの繰り返しです。ただ、私自身お友達や周りの方の声かけで救われることはたくさんあるので、自分からも積極的にコミュニケーションをとっていきたいと思います。
ライン
けっとの顔  みんなもこの研修を受けて、子ども虐待防止サポーターの一員になってくれるとうれしいな! 

 子ども虐待防止サポーター養成研修のお申込み

申込みのできる人 岡山市内に在住・在勤・在学している概ね10人以上で構成されるグループや団体。
(地域の自治会、子ども会、PTA、学校、職場、仲間同士など)
開催時間 月曜から金曜 午前9時から午後5時まで(1回60分から90分以内)
会場の手配 会場の準備は申込者側でお願いします。
(会場費が必要な場合は、申込み者負担になります)
講師料 無料
申込み方法 研修を開催する希望日の1か月前までに、申込用紙に必要事項を記入し、
岡山市こども福祉課へ郵送・FAXまたはご持参ください。  
申込みできない場合 ・政治、宗教または営利を目的とした催しを行う恐れのあるとき
・本研修の目的に反しているとき
申込み・問合せ先 岡山市岡山っ子育成局こども福祉課 こども家庭支援係
〒700-8544 岡山市北区大供1-1-1
電話:086-803-1223 FAX:086-803-1719

みんながサポーターとなって、おかやまを子ども虐待のない あったかい子育て環境にしていこうね! 

ぽけっと あわせて、子ども虐待防止「オレンジリボンキャンペーン」の取り組みについてもご覧ください。

Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには Adobe Reader が必要です。
バナーをクリックしてAdobe Reader をダウンロードしてください。

お問い合わせ

岡山市岡山っ子育成局こども福祉課 こども家庭支援係

〒700-8544 岡山市北区大供1-1-1
電話:086-803-1223 FAX:086-803-1719