このページの本文へ移動

#29 会えない時間も、愛を育てる!?

公開開始日:2013年07月09日

 

きかせてぽっけ

このコーナーでは、子育てに関するいろいろなアドバイスや経験談をご紹介しています。
専門家や子育ての先輩たちの声をきいて、明るく、楽しく、子育てしましょう。
みんながあなたを応援していますよ!

岡山市南区 T・I

仕事と子育ての両立の難しさ

世の中『イクメン』だ!育休だ!とパパが子育てに関わることにポジティブな風潮がありますが、皆さんのご家庭はいかがですか?
ママ友の間での話を聞いても、やはり最近はパパが子育てに積極的な様子をよく聞きますね。
 
 
こどもが生まれたのは3年前の大晦日。
今思えば予定日より半月早く生まれたのは、忙しい私を気遣って、さすがに大晦日・元日は休みだろうと狙って生まれてきてくれた様にも思います。
 
こどもが生まれて最初に読んだ本には、ママだけに子育てを任せないで、忙しいパパもこどもと触れ合う時間を大切にしましょうと書かれていました。
 
ところが実際の私はというと、仕事で午前様が続く毎日。
おまけに土日も仕事で出ることが多く、子育てはおろか、こどもの相手もろくにできないような始末です。
こどもの寝顔をみるか、泣き顔をみるか、言葉を発するようになってからは「お父さん仕事に行かないで。早く帰ってきて。ぼくも会社行く。」というような日々です。
おまけに嫁さんにも泣かれた日には、とてもさみしい気持ちになることがあります。
 
それでもこどもとの時間が取れるときは、思いっきり一緒に遊ぶことにしています。
ギュギュっと抱きしめて、戦って、走って、飛んで、寝転んで、暴れまわっています。

 

我が子の成長に感動!

休みが取れたある日、一緒にお風呂に入っていつものようにこどもの体を洗おうとするおふろと、こどもが私の手をはねのけようとするのです。もう一度手を伸ばしても、やはりはねのけられました。
「どうしたのかな?」と思った瞬間、こどもがボディソープを手に取って自分で頭から体まで洗い始めました。最後にシャワーで流すまで一通り自分で洗いきりました。
 
「ぼく洗えた!」と喜んだ顔を見た瞬間、私の目からシャワー にも負けない涙が出てきました。
 
後で嫁さんに聞くと、初めて自分で洗えたのだとか・・・
これって、私に一番に見せてくれたのだなと思うと、わが子が愛おしくてなりませんでした。
 
もっともっと、こどもとの時間を大切にしたいと思ったのと同時に、普段からこどもと向き合い、ここまで成長させてくれた嫁さんに感謝の出来事でした。
 
 

 

T・I(イニシャル)

T・Iさん岡山市南区在住の会社員。
3歳の息子と冒険をするのが大好きな父です。

 

 

 

 

左向き矢印 前の記事へ 一覧へ戻る 次の記事へ 矢印