このページの本文へ移動

木工細工でパン屋さんを作りました

公開開始日:2021年08月19日

操山公民館では8月6日、16日の2日間、小学生とその保護者13名が、木工細工と粘土細工でミニチュアのパン屋さんを作りました。

地元のドールハウス作家の方が、材料準備と指導をしてくださいました。

まず、木枠に好きな柄の布を貼り壁紙にしました。次に木切れで棚、テーブル、椅子、看板などを組み立て、色を塗ります。それから、樹脂粘土に色を付けて、パン、リンゴ、ミカンをこねて作ります。クロワッサン、メロンパン、ロールパン、チョコパン、ピザパンなどいろいろな種類のパンができました。

また、透明樹脂粘土に色を付けて、ジャム瓶、ワイン瓶、ラムネ瓶も作り、棚に飾りました。

とても細かい作業が続きましたが、大人も子どもも協力し合って根気よく物作りに熱中されていました。

個性豊かな作品が出来上がり、夏休みの良い思い出作りにもなったのではないでしょうか。