このページの本文へ移動

しつけ?それとも虐待?

公開開始日:2021年05月19日

子ども虐待とは・・・
親または親に代わる保護者が子どもの体や心を傷つけ健やかな成長・発達を妨げる行為をいいます。
親が「しつけ」だと思っていても、その行為が、子どもの心身を傷つけるものであれば、虐待です。

しつけとは・・・
保護者が子どもの人格や才能などを伸ばして、社会の中で自立した生活をおくれるようにサポートをしていくことです。
どうすればいいのかを、言葉や見本を示すなど、子どもが理解できる方法で伝える必要があります。
暴力や暴言など体罰で子どもの言動をおさえつけるしつけは虐待になります。

<子ども虐待の種類>
◎身体的虐待  なぐる、ける、戸外にしめ出す、タバコの火を押し付ける、激しく揺さぶるなど、                    

        子どもの生命や健康に危険のある身体的な暴行。

◎心理的虐待  言葉による脅し、拒否的態度を示す、きょうだい間の差別的扱いなど、

        子どもの心を傷つけるような言動。
        ※他きょうだいへの身体虐待がある家庭や夫婦間暴力(DV)を子どもに見せることも含む。

◎ネグレクト  適切な食事を与えない、ひどく不潔なままにする、自動車や家に置き去りにする、

        危険防止ができていないなど、子どもの健康安全への配慮を怠ること。

◎性的虐待   子どもへの性的行為の強要、性器や性交を見せる、ポルノグラフィーの被写体にするなど。

 

子育ては、楽しいことばかりではなく思い通りにいかないことも多いですよね。
子育てのしんどさや悩みを誰にも相談できず、一人で抱え込んでしまう人も多くいます。
状況によっては、イライラした気持ちが感情的に子どもに向いてしまうこともあります。
しんどい時には周囲の力を借りることも必要です。
一人で抱え込むのではなく、周りの方に頼ってみたり、相談窓口をご活用ください。


岡山市には6か所の福祉事務所の中に、地域こども相談センターを設置しています。
地域こども相談センターでは、ご家庭の悩みや心配ごと、子育てについてなど、どんなことでも
お話しを伺います。
必要に応じて様々な機関へもおつなぎしますので気軽にご相談ください。


地域こども相談センター 相談受付時間 月曜日~金曜日 8:30~17:15
    北区中央福祉事務所内地域こども相談センター  086-803-1824
    北区北福祉事務所内地域こども相談センター   086-251-6521
    中区福祉事務所内地域こども相談センター    086-901-1234
    東区福祉事務所内地域こども相談センター    086-944-0131
    南区西福祉事務所内地域こども相談センター   086-281-9652
    南区南福祉事務所内地域こども相談センター   086-261-7127 

こども総合相談所(児童相談所) 虐待通告は休日・夜間も対応します 086-803-2525

 

★児童相談所虐待対応ダイヤル 189(通話料無料)

  お近くの児童相談所に電話がつながります

お問い合わせ

岡山市オレンジリボンキャンペーン実行委員会 TEL 086-803-1223
URL http://www.okayama-tbox.jp/kosodate/pages/3479