このページの本文へ移動

豆まき

公開開始日:2021年01月28日

1月27日の平福子育て広場は「豆まき」です。

 

今年は2月2日火曜日が節分だそうです。

何でも124年ぶりとか・・・

太陽の周りを地球が1周するのが1年ですが、365日より長くかかっています。

それをうるう年で調節しているのですが、その調節がうるう年だけではできなくなって

その積もり積もった結果、節分の日が2月3日の前後に変わることが起きてくるのです。

これは、明治30年から124年ぶりの出来事だそうですよ。

 

その為、子育て広場では1週間早くの豆まきをします。

 

まず、豆を入れる入れ物を紙コップを使って作ります。

折り紙で作った鬼にマキシングテープでパンツも履かせますよ。

a

 

お母さんと一緒に入れ物を作りました。

b

 

お友だちの作品を見て見ましょうね。

d

 

作ったら、豆まきの前に読み聞かせです。

絵本1冊に、紙芝居2本です。

絵本は、ひさかたチャイルドの「おにのパンツ」で

鈴木博子(作・絵)です。

紙芝居は、教育画劇の「おにはそと ふくはうち」で

わしおとしこ(作)、はせかわかお(絵)

童心社の「まめまき まかせて!」で

苅田澄子(脚本)、くすはら順子(絵)の2本でした。

e

 

 

読み聞かせが終わたら、「鬼」登場です。

鬼に向かって、豆をまきます。

豆は殻付きの落花生で、お友だちが作った入れ物に入れてもらいます。

その落花生を鬼にめがけて力一杯投げていますよ。

「おにはそと~~」「おにはそと~~」って言ってね。

f

 

元気の良いお友だちに負けて、鬼は退散いたしました。

 

豆まきが終わったら、お友だちは

殻付きの落花生を入れ物一杯に入れてもらって帰りました。

帰ったら、どの鬼に豆をまくのでしょうかね。

 

 

 

来週の平福子育て広場は、2月3日で「新聞プールあそび」です。

楽しい遊びですよ。

お友だちが一杯来ることを待っています~~~

 

 

おまけの写真です。

とても上手にお母さんが子どもの髪を三つ編みに編み込んでいました。

素敵でしょう~~

お母さんの愛情を感じますね。

c